僕を愛したふたつの国/ヨーロッパ ヨーロッパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
僕を愛したふたつの国/ヨーロッパ ヨーロッパ
Europa Europa
監督 アニエスカ・ホランド
脚本 アニエスカ・ホランド
原作 ソロモン・ペレル
製作総指揮 マルガレート・メネゴス
アルトゥール・ブラウナー
音楽 ズビグニエフ・プレイスネル
撮影 ヤツェク・ペトリツキ
編集 エヴァ・スマル
イザベル・ロレント
配給 日本の旗 ギャガ・コミュニケーションズ/日本ヘラルド
公開 フランスの旗 1990年11月14日
ドイツの旗 1991年6月28日
ポーランドの旗 1992年2月7日
日本の旗 1993年4月
上映時間 112分 / 107分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
フランスの旗 フランス
ポーランドの旗 ポーランド
言語 ドイツ語
ロシア語
ポーランド語
ヘブライ語
興行収入 $5,575,738[1]
テンプレートを表示

僕を愛したふたつの国/ヨーロッパ ヨーロッパ』(Europa Europa)は、1990年制作のドイツフランスポーランド合作映画。

概要[編集]

ソロモン・ペレル原作の実話を映画化したもの。ユダヤ人少年が時代・戦争に翻弄される姿を時にシニカルに描く青春戦争大作。

1991年ゴールデングローブ賞 外国語映画賞を受賞。1992年にはアカデミー脚色賞英国アカデミー賞の外国語映画賞に、それぞれノミネートされた。

ストーリー[編集]

第二次世界大戦下。サリー(ソロモン)は、ナチスの迫害を逃れるためにポーランドへ行き、そこでも迫害が迫ると一家バラバラになって、敵国のソ連の施設に入り、やがてユダヤ人であることを隠しながら、ソ連軍ドイツ軍の兵になり、敵・味方、それぞれの両国の間で悩む。

そしてドイツのヒトラーユーゲントに入り、やがてそこでレニ(デルピー)という少女に出会い、彼女はナチズム崇拝主義に毒されていて、彼女に恋するも正体がバレてしまう為になかなかコトができず、やがて愛想をつかされてしまい彼女は他の生徒とできてしまい妊娠してしまう。それを知ったソロモンは絶望してしまう。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Europa, Europa”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年2月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]