ヒトラー 〜最期の12日間〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒトラー 〜最期の12日間〜
Der Untergang
監督 オリヴァー・ヒルシュビーゲル
脚本 ベルント・アイヒンガー
製作 ベルント・アイヒンガー
出演者 ブルーノ・ガンツ
アレクサンドラ・マリア・ララ
音楽 ステファン・ツァハリアス
撮影 ライナー・クラウスマン
編集 ハンス・ファンク
配給 ギャガ
公開 ドイツの旗 2004年9月16日
日本の旗 2005年7月9日
上映時間 156分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
イタリアの旗 イタリア
オーストリアの旗 オーストリア
言語 ドイツ語
ロシア語
製作費 €13,500,000
テンプレートを表示

ヒトラー 〜最期の12日間〜』(ヒトラー さいごのじゅうににちかん、原題:Der Untergang、英題:Downfall )は、2004年公開のドイツオーストリアイタリア共同制作による戦争映画。原題はドイツ語で「失脚」「没落」の意。

概要[編集]

1945年4月ベルリン市街戦を背景に、独裁者アドルフ・ヒトラー総統地下壕における最期の日々を描く。混乱の中でドイツ国防軍の軍人やナチス親衛隊の隊員が迎える終末や、ナチス宣伝相ヨーゼフ・ゲッベルス一家の悲劇、老若男女を問わず戦火に巻き込まれるベルリン市民の姿にも焦点が置かれている。ヨアヒム・フェストによる同名の研究書、およびアドルフ・ヒトラーの個人秘書を務めたトラウドゥル・ユンゲの証言が本作の土台となった。撮影はベルリンミュンヘンおよび当時のベルリンに近い雰囲気を持つサンクトペテルブルクで行われた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
アドルフ・ヒトラー総統 ブルーノ・ガンツ 大塚周夫
トラウドゥル・ユンゲ(秘書) アレクサンドラ・マリア・ララ 安藤麻吹
エーファ・ブラウン(ヒトラーの愛人) ユリアーネ・ケーラー 増子倭文江
ヘルマン・フェーゲライン親衛隊中将・エーファの義弟) トーマス・クレッチマン 木下浩之
ヨーゼフ・ゲッベルス宣伝相 ウルリッヒ・マテス 水野龍司
マグダ・ゲッベルス(ゲッベルス夫人) コリンナ・ハルフォーフ 寺内よりえ
アルベルト・シュペーア軍需大臣 ハイノ・フェルヒ 加門良
エルンスト・ギュンター・シェンク親衛隊大佐・親衛隊医官) クリスチャン・ベルケル 土師孝也
親衛隊
ハインリヒ・ヒムラー親衛隊長官 ウルリッヒ・ネーテン 大川透
エルンスト=ロベルト・グラヴィッツ親衛隊大将・ドイツ赤十字副総裁) クリスチャン・ヘーニング 古川伴睦
ヴィルヘルム・モーンケ親衛隊少将・官庁街防衛司令官) アンドレ・ヘンニッケ 田中正彦
ヴァルター・ヘーヴェル親衛隊少将外交官 ゲラルト・アレクサンダー・ヘルト 渡辺英雄
ルートヴィヒ・シュトゥンプフェガー親衛隊中佐・侍医) トルステン・クローン 木下浩之
ヴェルナー・ハーゼ親衛隊中佐・侍医) マティアス・ハビッヒ 関口篤
ペーター・ヘーグル親衛隊中佐RSD刑事部長) イゴール・ロマノフ 大川透
ハインツ・リンゲ親衛隊中佐・ヒトラーの侍従武官) トーマス・リムピンゼル 樋渡宏嗣
エーリヒ・ケンプカ親衛隊中佐・ヒトラーの運転手) ユルゲン・トンケル
オットー・ギュンシェ親衛隊少佐・ヒトラーの個人副官) ゲッツ・オットー 風間秀郎
フランツ・シェードレ英語版(親衛隊少尉・FBK隊長) イゴール・ブベンチコフ
ローフス・ミッシュ(親衛隊曹長・FBK隊員、地下壕最後の生存者) ハインリヒ・シュミーダー
ドイツ国防軍
ヘルマン・ゲーリング国家元帥 マティアス・グネーディンガー
ローベルト・リッター・フォン・グライム空軍元帥・空軍総司令官) ディートリッヒ・ホリンダーボイマー 廣田行生
ヴィルヘルム・カイテル陸軍元帥OKW総長) ディーター・マン 益富信孝
アルフレート・ヨードル(陸軍上級大将・OKW作戦部長) クリスチャン・レドル 天田益男
ハンス・クレープス(陸軍大将・陸軍総司令部参謀総長 ロルフ・カニース 坂東尚樹
ヴィルヘルム・ブルクドルフ(陸軍大将) ユストゥス・フォン・ドホナーニ
ヘルムート・ヴァイトリンク(陸軍大将・首都防衛司令官) ミヒャエル・メンドル 側見民雄
カール・コラー(空軍大将・空軍参謀総長) ハンス・H・シュタインベルク 平勝伊
ハンナ・ライチュ(空軍パイロット) アンナ・タールバッハ 梶山はる香
側近
マルティン・ボルマン(党官房長) トーマス・ティーメ 廣田行生
ハンス・フリッチェ(宣伝省局長) ミヒャエル・ブランドナー 廣田行生
総統官邸スタッフ
ゲルダ・クリスティアン(秘書) ビルギット・ミニヒマイアー 西崎果音
エルナ・フレーゲル英語版(看護師) リザ・ボヤルスカヤ
フリッツ・トルノウ英語版ブロンディ飼育担当) デーヴィト・シュトリーゾフ 平勝伊
ヨハネス・ヘンチェル英語版(機械室担当) オリヴァー・シュトリツェル
コンスタンツェ・マンツィアーリ英語版(調理担当) ベッティナ・レートリヒ
ソ連軍
ワシーリー・チュイコフ元帥赤軍第8親衛軍司令官) アレクサンドル・スラスチン 大川透

スタッフ[編集]

原作[編集]

評価[編集]

戦後60年を迎えてなお、芸術作品におけるナチス党政権下のドイツの描き方には制約が伴うなかで、本作はアドルフ・ヒトラーを主題に据え、その役者にドイツの国民的俳優(ブルーノ・ガンツ)を起用した[1]。ドイツ国内ではヒトラーの人間的側面に踏み込んだ描写が議論を呼んだものの、世論調査では7割近くが本作を肯定的に評価する結果となった[2]。監督のオリバー・ヒルシュビーゲルはインタビューにおいて、ヒトラーを「誰でも知っているのだが、誰もその実像を知らない」人物だとし、本作を契機に若者が過去の歴史的事実について考えてくれればと述べている[3]

本作は第77回アカデミー賞アカデミー外国語映画賞にノミネートされた。また、2005年BBC Four国際映画賞を獲得し[4]2010年にはイギリスの映画誌である「エンパイア」誌による「国際映画100選」で48位に選ばれた[5]

批判[編集]

本作はおおむね史実に依拠しているが、いくつかの重要な事実についてあえて触れていない点を問題視する意見がある[6]

  • 本作の証言者の一人でヒトラーの秘書のトラウデル・ユンゲの父は積極的なナチス協力者で、夫は親衛隊中尉であったが、これらの事実については作中で語られていない。冒頭の秘書採用試験で、ヒトラーが旧姓ユンゲではなく結婚後の姓で呼び、その後旧姓ユンゲに戻すことでわずかに言及されただけである。これらの点は彼女の証言の中立性に疑問を生じさせるものである。
  • 親衛隊大佐医師エルンスト・ギュンター・シェンクは人道的な人物として描かれているが、マウトハウゼン強制収容所において武装親衛隊のための栄養食の開発にあたって人体実験を行い、多数の犠牲者を出したとされる[7]
  • ヴィルヘルム・モーンケ親衛隊少将は作中で民間人の犠牲者を回避するよう繰り返し訴えているが、史実においては少なくとも二度に渡り彼の指揮下の部隊が捕虜を虐殺した疑いが持たれている。
  • ヴェルナー・ハーゼ親衛隊中佐の最期について「1945年に死去」としているが、実際に亡くなったのは1950年である。

パロディ[編集]

作中においてヒトラーが側近との会議中に激昂するシーンは動画投稿サイトにおいてパロディの題材として広く用いられている。YouTubeではドイツ語を英語字幕で面白おかしく置き換えたものが投稿され話題となった[8]。一時は著作権法違反のクレームにより禁止の動きがあったが[9]、2010年10月にYouTubeは方針を転換しこれらの動画をブロックすることをやめた[10]

なお、監督のオリバー・ヒルシュビーゲルは一連のパロディに対して好意的な姿勢を示している[11]

日本においても、このシーンのパロディは多く存在する。主にニコニコ動画において「総統閣下シリーズ」と題されたこの作品群はネット上で話題になっている事柄などを対象としたもので、あるフレーズが日本語に聞こえるいわゆる「空耳」が特徴となっている[12][13]

さらに2012年頃から中国の動画サイトでも大ブームとなり、日本とは異なった独自の中国語空耳や激怒する動画も少なくない。

ちなみに映画「アイアン・スカイ」にこの映画のパロディと思わせるシーンがいくつか登場する

販売形態[編集]

DVD[編集]

  • ヒトラー 〜最期の12日間〜 スタンダード・エディション (2006年11月10日発売)
  • ヒトラー 〜最期の12日間〜 スペシャル・エディション (2006年1月14日発売)
    • メイキング、インタビューなどの映像特典あり。二枚組。
  • ヒトラー 〜最期の12日間〜 エクステンデッド・エディション<終極BOX> (2006年11月10日発売)
    • 本編に20分の未公開シーンを追加。日本語吹き替えなし。特典映像に加え、ユンゲ秘書のドキュメンタリーも収録。三枚組。

脚注[編集]

外部リンク[編集]