ハインツ・リンゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1935年、親衛隊大尉時のハインツ・リンゲ

ハインツ・リンゲHeinz Linge1913年3月23日1980年3月9日)は、ナチス・ドイツ総統アドルフ・ヒトラーの従者。親衛隊(SS)の隊員であり、最終階級は親衛隊中佐(SS-Obersturmbannführer)。

略歴[編集]

ブレーメン出身。 煉瓦職人をしていた。1932年に国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)に入党(党員番号1.260.490)。また親衛隊にも入隊(隊員番号35.795)。1933年、ヨーゼフ・ディートリヒにより117人のヒトラーのボディーガードの一人に選ばれた。彼はベルリン総統官邸ベルヒテスガーデンケントシンヴォルフスシャンツェ総統地下壕などヒトラーの住居となる場所でヒトラーの雑用をしていた。ベルリンの戦いの最中のヒトラーの最期の瞬間の目撃者の一人でもある。自殺したヒトラーの遺体を焼いた人物の一人でもある。

敗戦後、ソ連軍に捕まった。ヒトラーの死についての尋問を受けた。その後、ソ連から25年の強制労働刑に処されたが、1955年には西ドイツへ送還された。1980年に故郷のブレーメンで死去。