オットー・ギュンシェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オットー・ギュンシェ
Otto Günsche
1917年9月24日2003年10月2日
Otto Günsche.jpg
生誕 イェーナ
死没 ローマル
軍歴 1934年1945年
最終階級 Flag Schutzstaffel.svg SS少佐
テンプレートを表示

オットー・ギュンシェ(Otto Günsche、1917年9月24日 - 2003年10月2日)はドイツ軍人親衛隊員。最終階級は親衛隊少佐

生い立ち[編集]

イェーナ生まれ。1931年、ヒトラー・ユーゲントへ入団し、1934年に親衛隊員となり、ライプシュタンダルテ・アドルフ・ヒトラー連隊 (Leibstandarte Adolf Hitler) へ入隊する[1]。翌1935年には、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)へ入党し、1936年よりヒトラーに随行する総統護衛部隊 (de:Führerbegleitkommando) に選抜され、初めてアドルフ・ヒトラーの身辺警護に従事する。

第二次世界大戦[編集]

1941年、ギュンシェはバート・テルツSS士官学校(Bad Tölz SS-Junkerschulen)へ入校し、士官教育を受けたあと武装親衛隊の前線勤務を経たのち、1943年1月からアドルフ・ヒトラーの個人副官 (Persönlicher Adjutant) となる。その後、再度、半年間SS第1装甲師団ライプシュタンダルテ・SS・アドルフ・ヒトラー(LSSAH)の中隊長として前線で勤務、1944年2月に再びヒトラーの個人副官 (Persönlicher SS-Adjutant) となる。7月20日の爆弾によるヒトラー暗殺未遂事件で軽傷を負う。1945年1月、ヒトラーと共にベルリンへ移り、常にその身辺で警護に従事する。4月30日ベルリン攻防戦のさなか、総統地下壕でヒトラーが自殺するとその遺言に従い、総統官邸の庭でヒトラーとその妻エヴァの遺体に大量のガソリンをまいて焼却した。しかし、ガソリンによる焼却では完全に燃やし尽くすことは到底不可能であるため、結局遺体はヒトラーの遺言どおりにはならず、ソ連軍に回収されてしまった。ギュンシェは尋問の際も「私は彼らの遺体を骨一本も残さず完全に燃やし尽くした。」と主張を曲げなかった。5月1日、ヴィルヘルム・モーンケSS少将らと共に総統地下壕を脱出するが、5月2日シュルトハイス・ビール醸造所でソ連軍の捕虜となる。

戦後[編集]

戦後数年間は、ヒトラー自殺に関してソ連軍の尋問を受け、1950年に懲役25年の判決を受ける。1955年、東ドイツへ送還され、バウツェン収容所で服役。1956年5月2日に出所後は西ドイツへ脱出し、ボン近郊で会社員として暮らす。その後は、二男一女を儲けたが、2003年、86歳の誕生日を迎えた8日後に急死する。遺骸は遺言によって灰にされ、海へ撒かれた。

参考文献[編集]

  • V・K・ヴィノグラードフ,Ya・F・ポゴーニィ,N・V・チェプツォフ(編)『KGB 秘調書 ヒトラー最後の真実 』 佐々木洋子,貝澤哉,鴻英奈(訳)、光文社、2001年、ISBN 4-334-96113-4
  • H・エーベルレ『ヒトラー・コード』高木玲(訳)、講談社、2006年、ISBN 4-06-213266-4

脚注[編集]

  1. ^ ローフス・ミッシュ『ヒトラーの死をみとどけた男』小林修(訳)、草思社、2006年、ISBN 4-7942-1542-8、登場人物一覧を参照。