バーデンヴァイラー行進曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バーデンヴァイラー行進曲Badenweiler Marsch)は、ドイツの軍楽隊長ゲオルク・フュルストGeorg Fürst, 1870年 - 1936年)が作曲した行進曲である。

第一次世界大戦さなかの1914年8月12日、フュルストの所属するバイエルン近衛歩兵連隊がフランスバドンヴィレBadonviller, : Badenweiler)で勝利したことを讃えた曲である。ナチス・ドイツ時代には帝国音楽院 (RMK) の指令により、ヒトラーのメインテーマとして演奏されていた。ヒトラーの秘書を務めたトラウデル・ユンゲの手記によれば、ヒトラーがこの行進曲を好きだと言ったため一躍「ヒトラーお気に入りの行進曲」ということになり、この曲ばかりが演奏されることになったとヒトラー自身が語っている[1]

ドイツ国内においては軍楽隊による公開演奏が自粛されてはいるものの、民間では催しなどで演奏されることも少なくない。時にはグースステップで行進する姿も見られる。国外では、近代ドイツ行進曲(HMⅡ,256に収録)の傑作としてしばしば演奏される。またチリ海軍ではナバル(Naval)の題で公式行進曲の1つとして使用されている。

注釈[編集]

  1. ^ トラウデル・ユンゲ『私はヒトラーの秘書だった』足立ラーベ加代、高島市子訳、草思社、2004年、119頁。

外部リンク[編集]