ケントシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケントシン (Kętrzyn)
旗 市章
位置
POL Kętrzyn map.svg
情報
: ヴァルミア・マズールィ県
緯度: 北緯 54°05'
経度: 東経 21°23'
標高:
面積: 10.34  km²
人口
 - 合計
 - 人口密度

28,000 人
2,741   人/km²
郵便番号: 11-400
市外局番: 48 89
市長: Krzysztof Wiesław
公式サイト: 市公式ウェブサイト

ケントシン(Pl-Kętrzyn.ogg Kętrzyn[ヘルプ/ファイル])は、ポーランド共和国ヴァルミア・マズールィ県の小都市。

旧ドイツ領東プロイセンに位置し、ドイツ語ラステンブルク(Rastenburg)。ドイツ時代の教会が建つ高台を中心として広がる旧市街地には、プロイセン時代の面影がよく残っている。ポーランド語ではかつてラステンボルク(Rastembork)と表記されたが、第二次世界大戦後ポーランド領になった時、マズールィ地方(東プロイセン)出身の19世紀のポーランド独立運動家ヴォイチェフ・ケントシンスキ(Wojciech Kętrzyński)にちなんでケントシンと改称された。

市街地から数キロ東に位置する針葉樹林の中には、第二次世界大戦中、ヒトラーが東部戦線(独ソ戦)の指揮を執った大本営「狼の砦」(ヴォルフスシャンツェ Wolfsschanze)跡があり、ケントシン最大の見所となっている。ヒトラー防空壕(ブンカー)、ゲーリング防空壕、会議室跡などを巡る順路が整備され、小規模なホテルもある。なお、同地は1944年7月20日ヒトラー暗殺未遂事件の舞台でもあり、爆弾の炸裂した会議室跡には記念碑が建つ。暗殺計画遂行者シュタウフェンベルク(Claus von Stauffenberg)大佐がベルリンとの間を往復した飛行場も、そのまま現存している。

姉妹都市[編集]

ギャラリー[編集]