さよならの微笑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さよならの微笑
Cousin cousine
監督 ジャン=シャルル・タケラ
脚本 ジャン=シャルル・タケラ
ダニエル・トンプソン
製作 ダニエル・トスカン・ドゥ・プランティエ
出演者 マリー=クリスティーヌ・バロー
ギイ・マルシャン
マリー=フランス・ピジェ
ヴィクトル・ラヌー
音楽 ジェラール・アンフォッソ
撮影 ジョルジュ・ランディ
エリック・フォーシェレ
ミシェル・チリエ
編集 マリー=エーメ・デブリル
アニエス・ギュモ
ジュリエット・ウェルフラン
製作会社 ゴーモン
Les Films Pomereu
配給 フランスの旗 ゴーモン
日本の旗 東宝東和
公開 フランスの旗 1975年11月19日
日本の旗 1978年4月1日
上映時間 95分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

さよならの微笑』(さよならのほほえみ、Cousin cousine)は1975年フランス恋愛映画第49回アカデミー賞において、主演女優賞マリー=クリスティーヌ・バロー)、脚本賞外国語映画賞の3部門でノミネートされた(受賞はならず)。

1989年にアメリカ合衆国で『今ひとたび』(監督:ジョエル・シュマッカー)としてリメイクされている。

ストーリー[編集]

マルトは夫パスカルとともに出席した母親ビジュの結婚式で、ビジュの再婚相手の甥ルドヴィクと出会う。浮気男のパスカルがルドヴィクの妻カリーヌとも関係を持ったことを知ったマルトとルドヴィクは、それぞれの配偶者に見せつけるようにデートを重ねるようになる。次第に惹かれ合う2人だったが、互いの配偶者に2人の関係を隠したくないことから敢えて身体の関係を持たずにいた。ところが、互いの配偶者だけでなく、親戚中に2人の関係が知られるようになると、ついに2人は身体の関係を持ち、その後は頻繁に関係するようになる。

クリスマスイブの夜、親戚中が集まったパーティの場でもマルトとルドヴィクは隠すことなく堂々と関係を持つ。そして、子供たちを含め、親戚一同に別れを告げた2人は、新たな人生に向けて旅立つ。

キャスト[編集]

映画賞[編集]

インターネット・ムービー・データベースより[1]

部門 対象 結果
第49回アカデミー賞 主演女優賞 マリー=クリスティーヌ・バロー ノミネート
脚本賞 ジャン=シャルル・タケラ
ダニエル・トンプソン
外国語映画賞
第1回セザール賞英語版 作品賞英語版 ノミネート
脚本賞英語版 ジャン=シャルル・タケラ
男優賞英語版 ヴィクトル・ラヌー
助演女優賞英語版 マリー=フランス・ピジェ
※『Souvenirs d'en France』と共に
受賞
第34回ゴールデングローブ賞英語版 外国語映画賞 ノミネート
カンザスシティ映画批評家協会賞 (1977年)英語版 外国語映画賞英語版 受賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 (1976年)英語版 外国語映画トップ5 第4位
全米映画批評家協会賞 (1976年)英語版 助演女優賞英語版 マリー=フランス・ピジェ 第3位
第42回ニューヨーク映画批評家協会賞 助演女優賞 マリー=フランス・ピジェ 第3位
ルイ・デリュック賞 (1975年) 受賞
第24回サン・セバスティアン国際映画祭 銀の貝殻賞 ジャン=シャルル・タケラ 受賞

参考文献[編集]

  1. ^ Cousin cousine (1975) - Awards” (英語). IMDb. 2013年5月25日閲覧。

外部リンク[編集]