ハンス・フリッチェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンス・フリッチェ(1945年)

ハンス・ゲオルク・フリッチェHans George Fritzsche1900年4月21日 - 1953年9月27日)は、ドイツジャーナリストナチス政権下国民啓蒙・宣伝省の幹部。

略歴[編集]

ルール地方ボーフム出身。第一次世界大戦に従軍後、保守派の政治家メディアの支配者だったアルフレート・フーゲンベルクの下でジャーナリストとして働く。当時新たなメディアとして勃興しつつあったラジオの普及に関わり、1932年9月にドイツ無線ニュースサービスの責任者に就任。翌年5月1日ナチスへ入党した。

ヒトラー政権成立後にはヨーゼフ・ゲッベルス率いる宣伝省の新聞局長となるとともにラジオ番組でも活躍し、ナチス政権下で言論統制報道管制の指揮を取り続けた。一時、ゲッベルスと意見の相違をきたして宣伝省から離れ、志願兵として東部戦線に出征したが、ゲッベルスに呼び戻され宣伝省・ラジオ放送局長に就任する。ゲッベルスはフリッチェを信頼するとともにその手腕を高く評価しており、フリッチェが述べる耳の痛い直言にも真摯に耳を傾けていたと言う。

1945年、戦場となったベルリンに留まり、ほぼ廃墟と化した宣伝省において最後まで職務を遂行し続けた。5月2日、ヒトラーとゲッベルスの自殺を受け、ベルリンに侵攻したソ連軍に「降伏交渉を行なう」との名目で単身投降、捕虜となる。

ソ連軍の手に落ちた数少ない政府幹部であったということもあり、ソ連の主張によってニュルンベルク裁判戦犯として起訴された。フリッチェが同裁判で言う「戦犯」に該当するかどうかは当初から疑問視されていたが、自殺していたゲッベルスの「身代わり」と言う意味合いが濃厚であった。しかし、逆にこれが幸いしニュルンベルク裁判では無罪となる(主要戦犯24人中、無罪判決は3人だけであった)。因みに、ニュルンベルク刑務所付心理分析官グスタフ・ギルバート大尉が、開廷前に被告人全員に対して行ったウェクスラー・ベルビュー成人知能検査によると、彼の知能指数は130であった[1]

その後、非ナチ化裁判で労働奉仕9年の判決を受ける。1950年に釈放されるが、1953年により死去。

脚注[編集]

  1. ^ レナード・モズレー著、伊藤哲訳、『第三帝国の演出者 ヘルマン・ゲーリング伝 下』、1977年早川書房 166頁

関連項目[編集]