アルフレート・フーゲンベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルフレート・ヴィルヘルム・フランツ・マリア・フーゲンベルク
Alfred Wilhelm Franz Maria Hugenberg
Bundesarchiv Bild 183-2005-0621-500, Reichsminister Alfred Hugenberg.jpg
生年月日 1865年6月19日
出生地 ニーダーザクセン州ハノーファー
没年月日 1951年3月12日
死没地 ノルトライン=ヴェストファーレン州クーケンブルック
出身校 ゲッティンゲン大学ハイデルベルク大学
ベルリン大学シュトラスブルク大学
所属政党 ドイツ国家人民党(DNVP)
称号 ドイツ国鷲記章

ドイツの旗 ドイツ経済大臣兼食糧農業大臣(ドイツの旗 ドイツ国)
内閣 ヒトラー内閣
任期 1933年1月30日 - 1933年6月29日
テンプレートを表示

アルフレート・ヴィルヘルム・フランツ・マリア・フーゲンベルクAlfred Wilhelm Franz Maria Hugenberg1865年6月19日 - 1951年3月12日)は、ドイツ実業家政治家ドイツ国家人民党(DNVP)党首。1933年に成立したアドルフ・ヒトラー内閣で経済相と食糧農業相を兼務した。

経歴[編集]

前半生[編集]

1865年6月19日ハノーファーに生まれた[1]。父カール・フーゲンベルクは、プロイセン王国の国会議員を務めた人物である[2]

フーゲンベルクは、ゲッティンゲン大学ハイデルベルク大学およびベルリン大学法律学を、シュトラスブルク大学経済学を学んだ[2]1891年超国家主義団体汎ドイツ連盟Alldeutscher Verband)を共同設立した[2][1]1900年またいとこに当たるゲルトルート・アディッケスと結婚した[2]。フーゲンベルクは当初、官界に入り、プロイセンの官僚となった[2]

大実業家[編集]

1907年実業界に転じた[2]フランクフルト・アム・マイン鉱業銀行支配人に就任し、次いで1909年クルップに重役として招聘され、銀行業務や鉄鋼関係を担当し、1918年まで財務・経理取締役会議議長を務めた[2][1]

第一次世界大戦中の1916年には、フーゲンベルク・コンツェルンを創設した[2]。これはクルップの資金をバックにした出版コンツェルンであり、祖国党の活動を支援していた[3]。ベルリン最大の新聞を発行するシャール(Scherl)、14紙の地方紙を発行するフェラ・フェアラーク(Vera verlag)など有力ジャーナリズムを傘下に収めてメディアを支配した[1][4]1927年には映画会社ウーファ社長となる[2][4]

クルップ取締役辞職後も炭鉱連盟や鉱山協会で委員長を務め、重工業界にも隠然たる影響力を持ち続けた[3]

国家人民党党首[編集]

1930年8月ベルリン・スポーツ宮殿(de)で演説するフーゲンベルク

ドイツ帝国時代には、ブルジョワ自由主義政党である国民自由党に所属していたが、第一次世界大戦後の1918年に保守政党の国家人民党(DNVP)に入党した。同党は、ユンカーと重工業資本家の利益を代表する右翼的、保守反動的な政党であり、フーゲンベルクは実業界、産業界代表としてこの政党に参加した。1919年には国家人民党所属の国会議員となる。国会議員の地位は1945年の敗戦に伴う国会の解体まで保持した[2]

政府への参加は「議会主義の擁護につながる」として反対し、1927年初頭以降には政府との協力路線をとる党指導部と激しく対立するようになった[3]。フーゲンベルクはメディアの力を使って1928年秋にはヴェスタープ執行部を辞職に追い込んだ[4]。代わって1928年10月20日の党大会で国家人民党党首に選出された[5][6]

1929年6月7日にドイツの新しい賠償方式を定めたヤング案が成立。フーゲンベルクはこれに猛反発し、7月9日にはフーゲンベルクを委員長とする「ドイツ国民請願全国委員会」が創設された。国家人民党の他、鉄兜団や全国農村連盟、ナチスなども参加して反ヤング案闘争を行った[7][8][9]

1932年国会に向かうフーゲンベルク

ヒンデンブルクはフーゲンベルクの非妥協的な態度に激怒した。ヒンデンブルクとその側近クルト・フォン・シュライヒャーはフーゲンベルクを国家人民党内で孤立させようと努めたが、フーゲンベルクの党内影響力は絶大であった[10]。しかし前党首ヴェスタープらはフーゲンベルクの対政府強硬路線に反発し、1930年7月の国会解散後に国家人民党を離党して保守人民党(Konservative Volkspartei、略称KVP)を結成した[11][12]

1930年9月14日の選挙の結果、国家人民党は73議席から41議席に議席を落とすという惨敗を喫した。一方ナチスは12議席から107議席に増やすという地滑り的勝利を収めた[13]。国家人民党の支持基盤である実業界や農村はフーゲンベルクの融通のきかない強硬路線に嫌気がさして徐々に離れていき、ナチスに侵食されはじめた[14][15]。この選挙後にもフーゲンベルクは政府からの協力要請に対しては賠償の破棄を求めて拒否する姿勢を続けた[16]

1931年10月には鉄兜団やナチスと共に「ハルツブルク戦線」を結成し、政府に対抗する「国民反対派」の再統一をはかったが、これは国家人民党の党勢を回復しようという意図が強く、ヒトラーは当初より好ましく思っていなかった[17][18]。そのためまもなくナチスはハルツブルク戦線から離脱して独自路線に戻った[19]

1932年の大統領選挙には当選の見込みがなかったために出馬を避け、第一次大統領選挙では鉄兜団のテオドール・デュスターベルクを支持した[20]。しかしデュスターベルクは惨敗して第二次大統領選挙への出馬は見合わせることとなった。第二次大統領選挙ではフーゲンベルクはヒトラー支持でもヒンデンブルク支持でもよいとして党員の自由投票とした[21]

1933年1月にはヒトラーやフランツ・フォン・パーペンとともにクルト・フォン・シュライヒャー内閣倒閣に動いた。パーペンとの交渉でヒトラー内閣に経済相として入閣することが決まった。フーゲンベルクはヒトラーを傀儡首相にする意図があったらしく、「我々の手でヒトラーを枠にはめてやる」と語ったという[22]

経済相[編集]

1933年3月の選挙でフーゲンベルクの使用したポスター
パーペン鉄兜団(シュタール・ヘルム)の指導者ゼルテの名もある

1933年1月30日に成立したヒトラー内閣にフーゲンベルクは経済・農業大臣として入閣した[15]。大統領官邸での任命式の前にフーゲンベルクは総選挙に反対してヒトラーと揉めたという[23]。1933年3月5日の総選挙で国家人民党は8%しか得票できず、その影響力は下がり、ヒトラーを抑えるという役割は果たせなくなった[15]

経済相辞職後[編集]

その後ナチスからの圧力で6月27日には経済・農業大臣辞職、その翌日には国家人民党解党へ追い込まれた[15]。さらにフーゲンベルク・コンツェルン傘下のメディアも次々と強制的に売却されてナチスの支配下に入った。しかし1943年までは彼所有のメディアは彼の手に残され続けていた(この年にライン・ヴェストファーレン工場の株と引き換えに売却している)[15]

戦後イギリス軍に拘束された[2]。1949年に「同調者」に分類されて非ナチ化法廷にかけられたが、無罪となった[15]。戦後も膨大な財産を保持することができた[15]

1951年3月12日キュケンブルッフde)で死去[2][15]

受章歴[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
クーノ・フォン・ヴェスタープ
国家人民党党首
1928年-1933年
次代:
解党
先代:
ヘルマン・ヴァルムボルト
ドイツ国経済大臣
1933年
次代:
クルト・シュミット
先代:
マグヌス・フォン・ブラウン
ドイツ国食糧農業大臣
1933年
次代:
リヒャルト・ヴァルター・ダレ(食糧大臣に改称)