フランツ・ゼルテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランツ・ゼルテ
Franz Seldte
FranzSeldte1933.jpeg
生年月日 1882年6月29日
出生地 ザクセン=アンハルト州マクデブルク
没年月日 1947年4月1日
死没地 バイエルン州フュルト
所属政党 鉄兜団=前線兵士同盟ドイツ人民党
称号 一級鉄十字章二級鉄十字章

ドイツの旗 ドイツ労働大臣(ナチス・ドイツの旗 ドイツ国)
内閣 ヒトラー内閣
任期 1933年1月29日 - 1945年4月29日
テンプレートを表示

フランツ・ゼルテ(Franz Seldte、1882年6月29日1947年4月1日)は、ヴァイマール共和国期、ナチス・ドイツ期のドイツの政治家。退役軍人で作られた準軍事組織「鉄兜団、前線兵士同盟」(Stahlhelm, Bund der Frontsoldaten)の団長であり、アドルフ・ヒトラー内閣の労働相。

経歴[編集]

マクデブルク出身。父はソーダ水や化学薬品を生産する工場を経営していた実業家だった。ギムナジウム「Wilhelm-Raabe-Schule」を卒業したあと、セールスマンとして働きながらブラウンシュヴェイク科学技術大学グライフスヴァルト大学で学んだ。大学を出た後、父の仕事を引き継いだ。第一次世界大戦ではドイツ帝国陸軍の将校として出征したが、負傷して左腕を失った。一級鉄十字章二級鉄十字章を受章し、さらに大尉に昇進した。ドイツ革命により帝政が崩壊し、さらにドイツが敗戦した後の1918年12月25日にゼルテは退役軍人を中心にした鉄兜団、前線兵士同盟(Stahlhelm, Bund der Frontsoldaten、以下鉄兜団)を創設した。1924年からはテオドール・ディスターベルクと二人で共同団長となった。ドイツ人民党(Deutsche Volkspartei, 略称DVP)の党員ともなり、マクデブルク市審議会の会員にもなった。

国家人民党の大会にて(右側の人物がゼルテ)
左側にアルフレート・フーゲンベルク

反民主主義、反共和制、反ヴァイマール共和国を掲げる鉄兜団は保守的な退役軍人から強い支持を集めた。ゼルテやディスターベルクの指導のもと、鉄兜団はドイツ最大の義勇軍(フライコール)となった。1929年には国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)や他の保守・右翼勢力と連携してヤング案に反対する大抗議運動を起こした。さらに1931年にはナチス党やドイツ国家人民党、その他の保守・右翼勢力とともに「ハルツブルク戦線」を組織してハインリヒ・ブリューニング首相とヴァイマール共和制への批判運動を行った。しかしナチス党首アドルフ・ヒトラーはナチス党が巨大な保守・右翼連合体の一下部組織にされることを好まず、距離を取ろうとするようになった。また伝統的なプロイセン退役軍人が多かった鉄兜団の方でもナチス党の過剰な反ユダヤ主義思想や社会主義に近い経済思想に対しては嫌悪感を示すようになっていった(鉄兜団は社会主義的傾向の強いナチス党左派グレゴール・シュトラッサーを特に嫌悪していた)。そのためナチスとの同盟関係はすぐに溶解した。その後、鉄兜団はドイツ国家人民党とのみ同盟関係を維持した。

1932年の大統領選挙では鉄兜団と国家人民党はディスターベルクを統一候補に立てたが、惨敗した。1933年に首相となったアドルフ・ヒトラーはまずディスターベルクに入閣を求めたが、拒否したため、ゼルテが代わりに入閣を求められて労働相となった。1933年6月21日に鉄兜団はナチス党の突撃隊(SA)に吸収されて消滅し、ゼルテも突撃隊大将(SA-Obergruppenführer)となった。1934年の長いナイフの夜の際にはディスターベルクが逮捕されたが、ゼルテの方は第二次世界大戦でドイツが敗戦するまで労働相の地位を保持した。とはいってもゼルテも実権はほとんどない形式的な閣僚にすぎず、労働政策の実権は軍需相アルベルト・シュペーアと労働力配置総監フリッツ・ザウケルが掌握していた。1935年にはヒトラーに辞職の許可を願い出ているが、却下されている。逆にプロイセン州政府の労働相の兼務を命じられた。

第二次世界大戦後にアメリカ軍により逮捕されニュルンベルク継続裁判の一つオズワルド・ポール裁判への起訴がほぼ決まっていたが、裁判開始直前にフュルトのアメリカ軍事病院で死去した。

文献[編集]

  • Manfred Wille著「Magdeburger Biographisches Lexikon」Magdeburg 2002。 ISBN 3-933046-49-1