エーリッヒ・フォン・ファルケンハイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エーリッヒ・フォン・ファルケンハイン

エーリッヒ・フォン・ファルケンハインErich von Falkenhayn1861年11月11日 - 1922年4月8日)は、ドイツ帝国の軍人。第一次世界大戦において同国の陸軍参謀総長を務めた。

経歴[編集]

西プロイセンの都市グラウデンツ近郊のブルクベルハウ(現在のポーランドクヤヴィ=ポモージェ県グルジョンツ郡英語版ビャウォホヴォ英語版)出身。士官学校を卒業後、1880年にオルデンブルク歩兵連隊に少尉として任官。1890年には参謀本部に配置される。1896年中国に士官学校の教官として赴任し、1900年義和団の乱に遭遇。その後、アルフレート・フォン・ヴァルダーゼー将軍麾下の東アジア派遣軍の参謀となり、同地に1903年まで赴任。ドイツ各地の任地に配置された後の1913年プロイセン王国の戦争大臣となった。

1914年サラエヴォ事件が発生するとドイツの参戦を主張。第一次世界大戦勃発後、マルヌの戦いでドイツの攻勢が頓挫すると、9月14日に小モルトケの後任として参謀総長に就任した。フランスへの侵攻作戦であるシュリーフェン・プランの失敗から、西部戦線の陣地構築に尽力し、イギリス軍フランス軍の反攻を一時食い止める。ドイツの完全勝利に悲観的な見通しを持ち、11月18日に外交交渉で戦争を終わらせるよう主張する覚書を政府に送ったが、聞き入れられなかった。このためタンネンベルクの戦いでロシア軍を痛撃して楽観的見通しを持っていたパウル・フォン・ヒンデンブルクエーリヒ・ルーデンドルフと対立するようになった。ルーデンドルフには「犯罪者」呼ばわりされたうえ、1915年1月にはプロイセン王国軍事相を解任された。

停戦交渉でのドイツの立場を有利にするため、西部戦線に戦力を集中し、消耗戦の概念に基づいてフランス軍の人的損耗を極限まで引き出すためにヴェルダンを攻撃するゲリヒト(裁判)作戦を立案。それによって1916年2月21日からヴェルダンの戦いが始まった。この戦いによってフランス陸軍に痛撃を加えたものの、ドイツ軍自身も50万の兵士を無意味に失い、また作戦実行に大量の兵員と補給品を必要としたため、ブルシーロフ攻勢ソンム攻勢を受けて他方面に補給を行う必要が生じると戦場を放棄せざるを得なくなった。そもそもファルケンハインもフランスがこのやり方で音を上げるとは思っていなかった。同年8月29日、陸軍参謀総長を辞任。後任はヒンデンブルクだった。

その後はルーマニア戦線の第9軍、パレスチナ戦線の作戦を指揮。オスマン帝国元帥としてトルコ軍を指揮したが、イギリス軍によるパレスチナ攻略を阻止できなかった。1918年2月にベラルーシの第10軍司令官に転じ、そこで終戦を迎えた。

戦後は軍を離れて隠棲し、第一次世界大戦に関する著述を多く行う。1922年ポツダム近郊シュロス・リンドシュテットで没。

人物[編集]

「ヴェルダンの血液ポンプ」「ヴェルダンの骨ミキサー」の立案者として、典型的なプロイセンの将軍、すなわち冷酷非情、反民主主義的な軍事指導者と評価されることが多い。しかしこうした人命を軽視した戦争のやり方は、ファルケンハイン個人の性格というより時代の産物ともいえる。個人的には友情に篤く、また優しい上官であったという証言がある。

またパレスチナにいた1917年当時、パレスチナに住むユダヤ人を全て強制移住しようとしたオスマン帝国総督アフメト・ジェマル・パシャを説得してこれをやめさせている。追放が実行されていればアルメニア人虐殺のような事態も想定されていたため、ファルケンハインを好意的に評価する意見もある(Afflerbach著 Falkenhaynなど)。

文献[編集]

  • Holger Afflerbach: Falkenhayn. Politisches Denken und Handeln im Kaiserreich. Oldenbourg, München 1994 (ファルケンハインに関する最新の基本的評伝)
  • Robert Foley: German Strategy and the Path to Verdun: Erich von Falkenhayn and the Development of Attrition, 1870–1916. University Press, Cambridge 2005.

外部リンク[編集]

先代:
ヨシアス・フォン・ヘーリンゲン
プロイセン王国戦争大臣
1913–1915
次代:
アドルフ・ヴィルト・フォン・ホーエンボルン
先代:
ヘルムート・フォン・モルトケ
ドイツ帝国陸軍参謀総長
1914–1916
次代:
パウル・フォン・ヒンデンブルク