1932年ドイツ大統領選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1932年ドイツ大統領選挙(1932ねんドイツだいとうりょうせんきょ)は、ヴァイマル共和政における2度目、そして最後のドイツ大統領選挙である。

ヒンデンブルク陣営の選挙キャンペーン

第一回の投票は1932年3月13日に行われ、どの候補も過半数の得票を得られなかったので、ナチ党アドルフ・ヒトラー、無所属保守派のパウル・フォン・ヒンデンブルクドイツ共産党エルンスト・テールマンの間での決選投票が同年4月10日に行われた。この結果、パウル・フォン・ヒンデンブルクが相対的多数の票を得て当選した。当初ヒンデンブルクは、憲法を改正して、信任投票にしようと試みたが失敗した。

第一回の投票では、当選には過半数が必要であるが、第二回では最多得票者が当選できる。第一回の候補者でなくとも、第二回目の投票に候補者として立候補できる。

候補者一覧[編集]

No. 候補者名 政党名 備考
1 エルンスト・テールマン Bundesarchiv Bild 102-12940, Ernst Thälmann (scrap).jpg ドイツ共産党 ドイツ共産党党首。
2 アドルフ・ヒトラー Adolf Hitler-1933.jpg 国家社会主義ドイツ労働者党 国家社会主義ドイツ労働者党党首。
3 パウル・フォン・ヒンデンブルク Bundesarchiv Bild 183-C06886, Paul v. Hindenburg.jpg 無所属 現職大統領、元参謀総長。
4 テオドール・ディスターベルク Bundesarchiv Bild 102-13191, Hugenberg und Duesterberg.jpg 鉄兜団 退役軍人団体「鉄兜団、前線兵士同盟」団長。
5 グスタフ・ヴィンター(de) WP Gustav Winter.jpg インフレーション被害者同盟 作家、有機農業運動家。

第一回投票[編集]

1925年ドイツ大統領選挙でヒンデンブルクを擁立した国家人民党鉄兜団はデュスターベルクを擁立してヒンデンブルグを引き摺り下ろそうとしたものの、保守、右派政党の支持層の多くは寧ろヒトラー支持に回り、尚且つヒトラーは、第一次大戦の英雄でもあるヒンデンブルクを露骨に批判せず「ヒンデンブルクに敬意を、ヒトラーに票を」と訴えたことから、結果的にデュスターベルクはドイツ共産党のテールマンにさえ得票で及ばず4位に沈んだ。

一方、前回の大統領選でヒンデンブルクと敵対したドイツ社会民主党中央党国家党などいわゆるヴァイマル連合(de)は、ヒトラーに勝ち得る候補を擁立できず結果的に高齢のヒンデンブルクを支持した。 第一回投票で当選するには、絶対的多数つまり過半数での得票が必要であったが、どの候補も過半数獲得はできなかった。

当落 得票数 得票率 候補者 所属政党 支援・推薦政党
× 18,651,497 49.60% パウル・フォン・ヒンデンブルク 無所属 社会民主党、中央党、人民党
× 11,339,446 30.20% アドルフ・ヒトラー ナチ党
× 4,983,341 13.20% エルンスト・テールマン ドイツ共産党
× 2,557,729 6.80% テオドール・デュスターベルク 鉄兜団 国家人民党
× 111,423 0.3% グスタフ・ヴィンター インフレーション被害者同盟

第二回投票[編集]

実質ヒンデンブルクかヒトラーかを選択する投票であり、ヒンデンブルクが多数(過半数でも最多数でも)の得票を得て大統領に当選した。

当落 得票数 得票率 候補者 所属政党 支援・推薦政党
19,359,983 53.10% パウル・フォン・ヒンデンブルク 無所属 社会民主党、中央党、人民党
× 13,418,517 36.70% アドルフ・ヒトラー ナチ党
× 3,706,759 10.10% エルンスト・テールマン ドイツ共産党

影響[編集]

大統領に就任したヒンデンブルクは、6月1日に保守派のフランツ・フォン・パーペンを首相に任命した。しかし、右翼のナチ党からも左翼のドイツ社民党ドイツ共産党からも支持を受けることが出来なかった。7月20日にパーペン首相は、プロイセン州の命令違反を理由にプロイセン・クーデタドイツ語版英語版Preußenschlag)を起こし、プロイセン州政府内の「ヴァイマル共和国派」「反ナチ派」「左翼」を根こそぎ一掃した(→1932年7月ドイツ国会選挙)。

参考書籍[編集]

林健太郎 ワイマル共和国 E・コルプ作、柴田敬二訳 ワイマル共和国史