連邦会議 (ドイツ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1954年に開かれた連邦会議の様子

連邦会議(れんぽうかいぎ、: Bundesversammlung: Federal Convention)は、ドイツ連邦共和国連邦大統領を選出することのみを目的とする非常設の連邦機関の名称。

名称[編集]

ドイツ語のBundesversammlungは、Bund(連邦)、Versammlung(集会、会議)の二つの単語を結び付けた複合名詞である。Bundesversammlungにおいては連邦大統領を誰にするのかを討議することなく、選出することのみを目的とするので、連邦会議という訳語よりも連邦集会が適切との意見がある[1]。なお、同じドイツ語圏であるオーストリアやスイスでもBundesversammlungと同じ名称の機関が存在するが、ドイツの連邦会議とは異なる役割を担っている。それぞれの国の連邦会議の詳細については、連邦会議 (オーストリア)およびスイス#政治を参照。

役割と構成[編集]

ドイツ連邦共和国基本法第54条の連邦会議によって連邦大統領を選出すると規定されており、ドイツ連邦議会議員および議員の数と同数の16の州議会から比例代表で選出された代表で構成される。

連邦会議(Bundesversammlung)
合計:1244人(2010年6月30日の大統領選挙時)
50 %
ドイツ連邦議会議員
622人
(法定定数:598 + 超過議席:24)
50 %
各州議会代表
622人
(ドイツ連邦議会議員と同数)

連邦大統領の選出方法[編集]

大統領選候補者の被選挙権は、連邦議会の選挙権を有し、かつ40歳以上のすべてのドイツ連邦共和国国民にある。大統領として選出されるためには、第1次投票および第2次投票では連邦会議の過半数の得票が必要とされるが、どの候補者も過半数の得票を得られない場合には、第3次投票において最多得票を得た候補者が大統領となる。過去の選挙において、第3次投票にて選出された大統領は、1969年のハイネマン、1994年のヘルツォーク、2010年のヴルフの3人である。このうち、第3次投票においても得票数が過半数に達しなかったのがハイネマンであり、CDUの対立候補と僅か6票差の薄氷の勝利であった。なお、大統領は1回のみ連続再選が可能である。大統領についての詳細は、連邦大統領 (ドイツ)を参照。

過去の連邦会議における大統領選挙の投票結果[編集]

投票日 当選者 得票 主な対立候補
氏名 政党 率(%) 氏名 政党 得票数
1 1949年
9月12日
テオドール・ホイス FDP 第1次投票 377 46.9 クルト・シューマッハー SPD 311
第2次投票 416 51.7 312
2 1954年
7月17日
テオドール・ホイス FDP 第1次投票 871 85.6 アルフレッド・ヴェーバー KPD 12
3 1959年
7月1日
ハインリヒ・リュプケ CDU 第1次投票 517 49.8 カルロ・シュミット SPD 385
第2次投票 526 50.7 386
4 1964年
7月1日
ハインリヒ・リュプケ CDU 第1次投票 710 68.1 エーヴァルト・ビュッヒャー FDP 123
5 1969年
3月5日
グスタフ・ハイネマン SPD 第1次投票 514 49.6 ゲアハルト・シュレーダー CDU 501
第2次投票 511 49.3 507
第3次投票 512 49.4 506
6 1974年
3月15日
ヴァルター・シェール FDP 第1次投票 530 51.2 リヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカー CDU 498
7 1979年
5月23日
カール・カルステンス CDU 第1次投票 528 51.0 アンネマリー・レンガー SPD 431
8 1984年
5月23日
リヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカー CDU 第1次投票 832 80.0 ルイーゼ・リンザー 68
9 1989年
5月23日
リヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカー CDU 第1次投票 881 84.9
10 1994年
5月23日
ローマン・ヘルツォーク CDU 第1次投票 604 45.6 ヨハネス・ラウ SPD 505
第2次投票 622 47.0 559
第3次投票 696 52.6 605
11 1999年
5月23日
ヨハネス・ラウ SPD 第1次投票 657 49.1 ダグマール・シパンスキー CDU 588
第2次投票 690 51.6 572
12 2004年
5月23日
ホルスト・ケーラー CDU 第1次投票 604 50.1 ゲジーネ・シュヴァン SPD 589
13 2009年
5月23日
ホルスト・ケーラー CDU 第1次投票 613 50.1 ゲジーネ・シュヴァン SPD 503
14
[2]
2010年
6月30日
クリスティアン・ヴルフ CDU 第1次投票 600 48.2 ヨアヒム・ガウク SPD 499
第2次投票 615 49.4 490
第3次投票 625 50.2 494

SPD=ドイツ社会民主党  CDU=ドイツキリスト教民主同盟  緑=緑の党  KPD=ドイツ共産党

注釈[編集]

  1. ^ 三修社の『現代独和辞典』第1178版(1986年2月1日)ではBundesversammlungに対して「連邦議会総会」という訳語が当てられていた。
  2. ^ ケーラーの辞任に伴う繰上げ選挙

関連記事[編集]

外部リンク[編集]