クルト・シューマッハー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドイツで発行されたシューマッハー生誕100年記念切手

クルト・シューマッハーKurt Schumacher, 1895年10月13日1952年8月20日)は、ドイツ政治家

第二次世界大戦後のドイツ連邦共和国西ドイツ)で、ドイツ社会民主党の再建を指導した。ドイツ民主共和国(東ドイツ)の支配政党であるドイツ社会主義統一党(SED)との協調を峻拒して、強烈なカリスマ性でSPDを率い、コンラート・アデナウアー首相と共に戦後西ドイツ政治の方向性を決定付けた立役者と評価されている。

来歴[編集]

故郷[編集]

今も残るシューマッハーの生家

小企業家の息子として、西プロイセンのクルム(現在のポーランド領ヘウムノ)で生まれる。父は事業には成功していなかったが政治活動に熱心でリベラル政党の市議会議員も務めており、シューマッハーに影響を与えた。クルムの住民はポーランド人が過半数を占め、シューマッハーの級友の多くもポーランド人であったが、学校でポーランド語を使用することは禁じられていた。こうした環境が彼の世界観形成に影響したことは想像に難くない。既に少年時代にエドゥアルト・ベルンシュタインの論文を読み、教条主義的共産主義の危険性を認識していたという。

1914年第一次世界大戦が勃発すると、開戦の翌日に学校を仮卒業し軍に志願して従軍。これは故郷が敵国ロシアとの国境から30kmしか離れていないことも関係していた。この年12月にポーランドのウォヴィチ付近の戦闘で負傷、右腕を切断した。さらに赤痢に罹り、身長185cmの彼の体重は72kgから45kgにまで減少した。戦後、故郷クルムは独立した新生ポーランド国家に編入されたが、彼の一族はドイツに移住する者と町に残る者に別れ、そのときクルムの行政裁判所に勤めていたシューマッハーはそのありさまを目の当たりにすることになった。

政治への道・投獄[編集]

除隊して恩給を受ける身になったシューマッハーは1915年ハレ大学、ついでライプツィヒ大学ベルリン大学で学業を再開。1919年に学業を終えて労働省に就職するが、その傍ら学業を続けて1926年にはミュンスター大学に学位論文を提出して法学の博士号を取得した。ハレ在学中に彼はその地で勢力の強かった独立社会民主党(USPD)が組織したストライキを何度も目の当たりにしたが、その政治手法には疑問を持ち、政党とは距離を置いていた。しかし1916年にドイツ社会民主党(SPD)系の帰還兵団体に入会し、1918年にはSPDに入党した。労働者政党であったSPDの中で、彼のような高学歴の人間はむしろ少数派だった。

1918年11月にドイツ革命が起きたときはベルリンにいたため、オットー・ブラウンらと共に労兵レーテ(評議会)の委員となった。その後SPD系新聞の編集者としてシュトゥットガルトに移る。1924年ヴュルテンベルク州議会議員に当選し、1928年からは党議員団長になる。その頃から既にナチスドイツ共産党に対する舌鋒鋭い批判者になった。ナチスはともかくドイツ共産党を批判したのは、その党運営が民主的性格を欠くことやソビエト連邦の指導を受けていたためだった。

1930年には国会議員に初当選し、党勢を伸ばしていたナチスに激しく抵抗した。1933年についにナチスが政権を獲得すると、ナチスが提出し可決された全権委任法によってナチス以外の全政党が非合法化された。党首オットー・ヴェルスと共にこの法案に対する抵抗の急先鋒であったシューマッハーは、7月に逮捕された。「転向」の誓約書を書くことで釈放すると言われたものの峻拒したため強制収容所に送られ、9年9ヶ月9日に及ぶ収容所生活でダッハウ強制収容所など数ヶ所を転々とした。1943年に重病を理由にいったん釈放されたが、翌年末に再度捕えられ、終戦時にイギリス軍によって解放された。

SPD再建[編集]

戦後は西側占領地域において、ドイツ社会民主党再建の指導者となる。まだ占領軍によって政治結社が禁止されていた1945年5月、早くもハノーファーで地区代表に選出された。1945年10月5日から7日にかけて行われた党大会で、12年の断絶を経てSPDは正式に再建された。この大会にはイギリスに居た亡命SPDのエーリッヒ・オレンハウアー、さらに東側のソ連占領地域からオットー・グローテヴォールも参加した。翌年ソ連の意を受けたグローテヴォールはドイツ共産党(KPD)とSPDの統合を提案したが、西側SPDは拒絶。結局東側ではSPDとKPDが合同してドイツ社会主義統一党(SED)となった。

一方シューマッハーは圧倒的な支持で(西側)SPDの党首に選出された。シューマッハーは独裁的とも評された強力なリーダーシップで党を牽引し、党員には党議拘束に従うことを要求した。1946年、連合国軍軍政部はシューマッハーにヴュルテンベルク=バーデン州の首相になることを提案したが、影響力を地方に限定されることを嫌ったシューマッハーは拒絶した。代わりに彼はイギリス軍占領地域の評議会議員に選出される。一方で軍政当局のやり方を批判してフランス軍当局から演説を禁止されたこともある。

政界のライオン[編集]

1949年に新生西ドイツ初の総選挙でドイツ連邦議会議員に当選。しかしSPDは事前の予想に反し、僅差で第一党の座をキリスト教民主同盟(CDU)に奪われた。SPD党内にはCDUとの大連立を主張する声もあったがシュマッハーは拒絶。首相指名選挙でCDUのコンラート・アデナウアーと争ったが敗れる。その背景には、かつて社会民主党の地盤であった地域がドイツ民主共和国(東ドイツ)に編入されたことや、シューマッハーの健康への不安、有権者の広汎な反共・反社会主義感情があった(シューマッハ自身は反共主義者であったのだが)。同年行われた初代連邦大統領の選挙にも出馬したが、自由民主党候補のテオドール・ホイスに敗れた。

ベルリンにあるシューマッハーのレリーフ

その後は野党第一党の指導者として、西側との関係を強化するアデナウアーの政策を、資本主義的であり、ドイツ統一を妨げるものとして批判し続けた。策士で老獪なアデナウアーが「狐」とあだ名されたのに対し、シューマッハーは「ライオン」と呼ばれた。シューマッハーはCDUなどとの安易な妥協を許さない一方で、ヴァイマル共和政時代の不毛な党争を教訓として建設的な議論を心がけ、このことは戦後の西ドイツ政治を特徴付ける二大政党制の定着に繋がった。しかし、長い強制収容所暮らしの後遺症から1948年に血栓症で左足を切断するなどいっそう健康が悪化していた彼は、1952年に急死した。強烈なカリスマ性から敵も多かったが、その死を惜しむ群集がボンからハノーファーの墓所に向かう彼の葬列を見送った。

外部リンク[編集]


先代:
ハンス・フォーゲル
(亡命社会民主党)
ドイツ社会民主党党首
1945年1952年
次代:
エーリッヒ・オレンハウアー