ヘルマン・ミュラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘルマン・ミュラー
Hermann Müller
Bundesarchiv Bild 102-11411, Hermann Müller.jpg

ドイツの旗 ドイツ国
第3・11代首相
任期 1920年3月27日1920年6月28日
1928年6月28日1930年3月27日

出生 1876年5月18日
ドイツの旗 ドイツ帝国マンハイム
死去 1931年3月20日(満54歳没)
ドイツの旗 ドイツ国ベルリン
政党 ドイツ社会民主党
配偶者 フリーダ・トックス

ヘルマン・ミュラーHermann Müller1876年5月18日1931年3月20日)は、ドイツ政治家ドイツ社会民主党(SPD)所属。1920年、及び1928年から1930年までヴァイマル共和国首相を2回務めた。彼の第二次内閣が、正常な議院内閣制によるヴァイマル共和国最後の内閣とみなされている。その他外務大臣を務め、1919年ヴェルサイユ条約にドイツ側全権として署名している。

経歴[編集]

シャンパン工場主の息子としてマンハイムに生まれるが、父は16歳の時に死去。マンハイムとドレスデンの学校を卒業したのちフランクフルトで商取引の修業をし、フランクフルトやブレスラウ(現ポーランド領ヴロツワフ)で働く。1899年から1906年まで、「ゲルリッツ国民新聞」の編集員として働く。1902年に結婚し3年後に娘が生まれるが、その直後に妻は死去した。

1893年にドイツ社会民主党に入党。1903年にゲルリッツ市議会議員に選出される。1906年にアウグスト・ベーベル党首の指名で党代表部に選出され、党広報部担当委員。党独自の通信社設立に尽力した。1908年に市議会議員を辞して帝国議会選挙に出馬するが、階級選挙制の壁もあり落選。1916年に初当選した。第一次世界大戦は支持する立場だった。ドイツ革命ヴァイマル共和政が成立すると、労働者・兵士委員会の委員となり、のち制憲会議議員となる。1919年1月、オットー・ヴェルスと共に党首に選出される。同年2月にシャイデマン内閣が成立するまで、人民代表中央委員会委員を務めた。1920年から国会議員。

シャイデマン内閣に続くバウアー内閣に外相として入閣。1919年6月28日、国内の根強い反対を押し切ってドイツ全権代表としてヴェルサイユ条約に調印した。バウアー内閣が退陣すると、首相として第一次ミュラー内閣を組閣するが、総選挙で連立政権は議席を減らし、3ヶ月で退陣。この在任中、フランクフルトに進駐していたフランス軍セネガル兵について述べた国会演説で、人種差別主義者という批判を受けた。

ミュラー内閣(1928年)

1928年、総選挙の結果を受けて再度首相に指名され、社会民主党とドイツ人民党中央党などの大連立による第二次ミュラー内閣を組閣。大連立のおかげで割合安定した議会運営が可能となり、この内閣はヴァイマル共和政下で最長の在任期間を記録することになる。しかし在任中の1929年に起きた世界大恐慌のあおりでドイツ中に失業者が溢れるようになり、その対策に連立内閣で定めた失業保険政策が党の承認を得られず、1930年3月に退陣した。この内閣の退陣をもって正常な議院内閣制が機能しなくなり、ヴァイマル共和政は崩壊に向け歩み始めたと評価されている。

退任から1年後の1931年3月、胆のう手術に失敗して死去した。ベルリンの社会主義者墓地に葬られた。

外部リンク[編集]


公職
先代:
グスタフ・バウアー
ヴィルヘルム・マルクス
ドイツ国の旗 ドイツ国首相
第3代:1920
第11代:1928 - 1930
次代:
コンスタンティン・フェーレンバッハ
ハインリヒ・ブリューニング
先代:
ウルリヒ・フォン・ブロックドルフ=ランツァウ
ドイツ国の旗 ドイツ国外務大臣
1919 - 1920
次代:
アドルフ・ケスター英語版
党職
先代:
フリードリヒ・エーベルト
フィリップ・シャイデマン
ドイツ社会民主党党首
オットー・ヴェルスと共同)
1919 - 1928
次代:
アルトゥール・クリスピン
オットー・ヴェルス