アリスティード・ブリアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
{{{2}}}
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1926年
受賞部門:ノーベル平和賞
受賞理由:ロカルノ条約の締結に尽力

アリスティード・ブリアンAristide Briand, 1862年3月28日 - 1932年3月7日)はフランス政治家首相外相

ナント出身。最初はサンディカリストとして活動したが、ジャン・ジョレスの引きでフランス社会党に入党。1902年には執行部入りし、暫くの後国民議会議員となる。その後急進社会党に籍を移し、1909年ジョルジュ・クレマンソーの後を受けて首相に就任。以後、1913年1915年1921年1925年1929年と度々首相に就任する。特に1925年に就任した時にはレーモン・ポアンカレが引き起こしたルール問題の収拾を図り、結果的にグスタフ・シュトレーゼマンとの間で取りまとめたロカルノ条約として結実する。この功績から1926年にシュトレーゼマンと共にノーベル平和賞を受賞した。また、アメリカの元国務長官フランク・ケロッグと共にパリ不戦条約(『戦争ノ抛棄ニ関スル条約』)いわゆるケロッグ・ブリアン協定の締結に尽力し、1929年に締結した。ブリアンはシュトレーゼマンとケロッグ同様、フリーメイソンである[1]

ジュール・ヴェルヌの「15少年漂流記」の少年大統領ブリアンは彼の名前からとった。

脚注[編集]

  1. ^ Osterrieder, Markus (2010年). “Der prophezeite Krieg (PDF)”. CeltoSlavica. p. 10. 2014年11月10日閲覧。

関連項目[編集]