ナータン・セーデルブロム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナータン・セーデルブロム(Nathan Söderblom、1866年1月15日 - 1931年7月12日)は、スウェーデン国教会の聖職者でウプサラの大監督 (enである。1930年にノーベル平和賞を受賞した。ルーテル教会聖人暦では7月12日である。

セーデルブロムはイェヴレボリ県の農家で生まれた。父は聖職者としてキリスト教を深く信仰していたが、個人的な幸福を強く願っていた。セーデルブロムは1883年にウプサラ大学に入学したが、やりたいことが見つからなかったため、父を継ぐことにした。アメリカ合衆国から帰国すると、1893年に聖職者に任じられた。

1892年から1893年にかけて、ウプサラ大学生徒会の初代副会長と会長を務めた。

1912年、セーデルブロムはライプツィヒ大学宗教学教授となった。しかし1914年には大監督に任じられて、職を辞した。

セーデルブロムは1920年代に起こったキリスト教徒の「生活と仕事」運動を指導し、エキュメニズム運動の元祖とみなされるようになった。