ラルフ・ノーマン・エンジェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラルフ・ノーマン・エンジェル

ラルフ・ノーマン・エンジェル(Sir Ralph Norman Angell、1872年12月26日-1967年10月7日)はイギリスの講師、作家、そして労働党所属の国会議員である。

エンジェルはイギリスの圧力団体であるUnion of Democratic Controlの創設メンバーの一人で、またいくつかの非政府組織の代表や理事を務めた。1931年にナイトに叙せられ、1933年にはノーベル平和賞を受賞した。

エンジェルはイングランドのホルビーチで6人兄弟の家庭に生まれた。生まれた当時はRalph Norman Angell Laneという名前だったが、後にLaneを落としたものを本名とした。ジュネーヴ大学に入学したが、17歳の時にアメリカ合衆国へ移住し、7年間カリフォルニア州カウボーイジャーナリストとして働いて過ごした。1898年に一時イングランドに帰国し、その後パリに移った。1905年から1912年まで彼はパリでデイリー・メール誌の編集者をしていた。

再びイングランドに戻ると、1920年に労働党に入党し、1929年から1931年までブラッドフォードノース地区選出の国会議員を務めた。

彼の名は、1937年に公開されたフランスの反戦映画『大いなる幻影』で良く知られる。この映画のタイトルは彼の著書The Great IllusionEurope's Optical Illusion)より取られた。

主な著作[編集]

  • Patriotism under Three Flags: A Plea for Rationalism in Politics (1903)
  • Europe's Optical Illusion (1909)
  • The Fruits of Victory (1921)
  • The Money Game (1928)
  • The Unseen Assassins (1932)
  • The Menace to Our National Defence (1934)
  • Peace with the Dictators? (1938)
  • The Steep Places (1947)