スウェーデン国教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スウェーデン国教会スウェーデン語: Svenska kyrkan, フィンランド語: Ruotsin kirkko, 北部サーミ語: Ruoŧa girku)は、スウェーデンで最大のキリスト教会である。ルター派の一派であり、ポルヴォー・コミュニオンに加入している。信者数は690万人であり、世界で一番大きなルター派教会組織である。2000年まで国教会の地位を保っていた。2008年は、72.9パーセント(2007年と比べると1.4パーセント減少)のスウェーデン人が教会員である。しかしながら主日礼拝に出席する信者はおよそ5パーセントのみである。

スウェーデン国教会の首席大監督Primate)はウプサラ大監督Archbishop of Uppsala)であり、現在その任にあるのはアンドリューズ・ウェジリド(en:Anders Wejryd)である。

神学[編集]

1536年、国王グスタフ1世宗教改革の一環としてスウェーデン国教会創設運動を起こす(この影には、スウェーデンで宗教改革を起こしたオラフ・ペーテルソンラルス・ペーテルソン兄弟などの改革運動があった)。この行動が、カトリック教会から広がり、基本法を放棄することになった。1572年、スウェーデン教会儀式は、宗教改革に続く最初のスウェーデン教会になる。

1593年、ウプサラ宗教会議で、アウクスブルク信仰告白を取り入れた時、ルター派の人々のほとんどが教会はルター派の信条に参加した。この宗教会議で、教会は三つの教会信条(使徒信条アタナシウス信条ニケーア信条)を取る事を決定した。

1868年に、確かにConfessio fideiとラベル付けされているのが表紙で、ほかのテキストはまったく説明であるのにもかかわらず、スウェーデンの国会が一致信条を採用した。

スウェーデン国教会は同性愛者牧師の任職を認めた上に、女性同性愛者エヴァ・ブルンネドイツ語版をストックホルム教区監督に選出している。世界のルター派教会の中でもスウェーデン国教会は最も進歩的である。その急進性はアフリカ諸国の保守的なルター派教会から批判されている。

主なメンバー[編集]

関連項目[編集]