国教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国教会(こっきょうかい、State church)は、国家が主体となって運営を行っているキリスト教教会の組織形態で、おもにイギリスドイツ北欧などに見られる。教会税を徴収し、洗礼を住民登録に代え、教会での結婚式入籍と扱う役所の行政事務を代行している側面もある。

宗教改革以後、国教会から離脱して独自組織を形成したプロテスタント教会は自由教会と呼ばれる。

国教会の一覧[編集]

正教会[編集]

正教会

ローマ・カトリック[編集]

カトリック教会

オールド・カトリック[編集]

復古カトリック教会

  • スイスの一部

アングリカン[編集]

聖公会

ルター派教会[編集]

ルター派教会

改革派[編集]

改革派教会

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「国教会」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。