カルロス・サアベドラ・ラマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルロス・サアベドラ・ラマス
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1936年
受賞部門:ノーベル平和賞
受賞理由:パラグアイとボリビア間の対立の仲介

カルロス・サアベドラ・ラマス(Carlos Saavedra Lamas、1878年11月1日 - 1959年5月5日)はアルゼンチンの学者、政治家で、1936年度のノーベル平和賞を受賞した。ラテンアメリカ人では初めての受賞だった。妻は前アルゼンチン大統領の娘である。

サアベドラはブエノスアイレスの貴族の家庭に生まれ、ブエノスアイレス大学から法学の博士号を受けた。その後ラプラタ国立大学の法学と社会学の講師となり、後に教授となった。

学者としての彼の業績は主に労働法に関するもので、労働の扱いについての国際的な枠組みの必要性を訴えた。1927年のCentro de legislacíon social y del trabajo、1924年のTraités internationaux de type social、1933年のCódigo nacional del trabajoなどの著作がある。国際労働機関の設立にも関わり、アルゼンチン国内の労働法の整備にも貢献した。

1906年には政治家に転身し、1908年には国会議員となって国際問題の解決に取り組んだ。1915年には教育大臣に就任した。

1932年から1938年にかけてはアグスティン・ペドロ・フスト大統領の下で外務大臣を務め、パラグアイボリビアの間で起こったチャコ戦争の調停などノーベル平和賞の受賞理由となった数々の業績を打ち立てた。中でも、もし南米の2国間或いは他国間で戦争が起こった場合には、他の国が特別委員会を組織して停戦にあたり、停戦まで両国に外交的、経済的圧力をかけるとした不戦協定は画期的なものであった。この条約は多くの南米の国で批准された。

1936年、彼は国際連盟の事務総長に選出された。1941年から1943年にかけて、彼はブエノスアイレス大学の総長を務め、その後も1946年まで教授として在籍した。