マヌエラ・シュヴェーズィヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Manuela Schwesig, 2013
Manuela Schwesig im Gespräch mit der SPD-Familienpolitikerin Kerstin Griese

マヌエラ・シュヴェーズィヒ(Manuela Schwesig, 1974年5月23日 - )は、ドイツ連邦共和国政治家ドイツ社会民主党(SPD)所属。2011年10月25日よりメクレンブルク=フォアポンメルン州労働、社会均等、社会相。2009年よりドイツ社会民主党(SPD)副党首。

職務経歴[編集]

Manuela Schwesig zusammen mit Ralf Stegner und Frank-Walter Steinmeier (v.r.n.l.)

フランクフルト (オーダー)生まれ。ゼーロウ高地にあるギムナジウムアビトゥアに合格後、1992年から2000年までフランクフルト (オーダー)の税務署に勤務すると同時に税務専門学校にも通う。1995年、財務ディプローム試験に合格後、税務監察官としてシュヴェリーン財務局に転属する[1]。 2002年5月以降、彼女はメクレンブルク=フォアポンメルン州財務省[2]、320部局勤務する[3]。最後に彼女は財務行政部局参事として、公的職務と組織問題に従事するようになった。

政治経歴[編集]

マヌエラ・シュヴェーズィヒは29歳でドイツ社会民主党(SPD)に入党し[1] 、社会民主党シュヴェリーン地域支部と州本部に属した。2004年以降、彼女はシュヴェリーン市議会ドイツ社会民主党(SPD)副議員団長になり、2007年10月から2008年10月まで議員団長になった[1][4] 2008年10月6日に州政府社会、保健相に任命された。彼女の前任大臣エルウィン・ゼレリングがメクレンブルク=フォアポンメルン州首相に転出したための後継人事であった[5]。 2009年7月30日、2009年ドイツ連邦議会選挙におけるフランク=ヴァルター・シュタインマイアー ドイツ社会民主党連邦首相候補の 影の内閣閣僚になった。彼女は家族・社会領域を担当した[6]。 2011年10月25日に、メクレンブルク=フォアポンメルン州第2次エルウィン・ゼレリング内閣の労働、社会均等、社会相に任命された


家族[編集]

マヌエラ・シュヴェーズィヒはドイツ児童保護連盟会員である[2]。彼女は既婚で一人息子がいる[1]。2010年7月31日、無神論者だった彼女は夫と息子と共にキリスト教の洗礼を受け[7] 、家族と共に メクレンブルク福音ルター派州教会 に加入した。


外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Die Senkrechtstarterin. Manuela Schwesig wird Sozialministerin. In: Schweriner Volkszeitung. 2. Oktober 2008, Seite 5
  2. ^ a b Kampf um das Stadthaus beginnt. In: Schweriner Volkszeitung. 29. April 2008, Seite 15
  3. ^ vgl. den Organisationsplan des Finanzministeriums
  4. ^ Daniel Meslien neuer Chef der SPD-Fraktion. In: Schweriner Volkszeitung. 8. Oktober 2008
  5. ^ NDR Nordmagazin am 6. Oktober 2008
  6. ^ wit/ddp/AP: Grüne gehen auf Distanz zur SPD. In: SpiegelOnline. 31. Juli 2009
  7. ^ AH: SPD-Parteivize Manuela Schwesig lässt sich taufen. Hamburger Abendblatt, 2010-08-25. Abgerufen am 2011-02-21.