ジグマール・ガブリエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジグマール・ガブリエル(2003年2月2日、ニーダーザクセン州議会にて)

ジグマール・ガブリエルSigmar Gabriel1959年9月12日 - )は、ドイツ政治家ドイツ社会民主党(SPD)所属。1999年から2003年までニーダーザクセン州首相。2005年から2009年まで、第一次アンゲラ・メルケル内閣で環境・自然保護・原子力安全相を務めた。2009年よりSPD党首。2013年末に発足した第三次メルケル内閣で副首相兼経済・エネルギー相を務める。

経歴[編集]

初期の経歴[編集]

ニーダーザクセン州ゴスラー生まれ。アビトゥーア合格後兵役を経て、ゲッティンゲン大学ドイツ語学、政治学社会学を学ぶ。1988年にギムナジウム教員資格国家試験に合格。1989年から翌年まで、ゴスラーの国民高等学校(市民向けの高等教育機関)で教員として働く。

1976年から1989年まで、ドイツ社会民主党(SPD)に近い立場だが、よりマルクス主義寄りの社会主義青少年団体に所属。加入後すぐにゴスラー地区代表に就任、のちブラウンシュヴァイク地区の代表となり、反軍国主義活動に従事した。SPDには1977年に入党した。在学中の1987年にゴスラー郡議会議員に当選、1991年からはゴスラー市参事会員となる。また1990年にニーダーザクセン州議会議員に初当選。1997年に州議会の党副幹事長、1998年‐1999年及び2003年‐2005年に同幹事長を務める。

ニーダーザクセン州首相・連邦環境相[編集]

1999年12月15日、スキャンダルに関与して辞任した前任者に代わりニーダーザクセン州首相に就任。しかし州議会選挙に大敗して政権交代を招き、2003年3月に退任した。1999年から2005年まで党連邦執行部に属し、特に2003年から2005年まではSPDの大衆文化担当委員を務めた。同時期SPDニーダーゼクセン州副代表及びブラウンシュヴァイク地区代表。なおこの頃のフォルクスワーゲングループとの癒着が2005年になって指摘されたが、検察により違法性はないと判断された。

ブラジルでの会議に出席したガブリエル環境相(2008年)

2005年9月のドイツ連邦議会選挙に出馬して当選。同年11月、大連立によりアンゲラ・メルケル内閣が成立すると、環境相として入閣した。前任者ユルゲン・トリッティンと同じく、原子力発電所全廃に賛成しており、気候変動枠組条約(京都条約)に続く環境保護の取り組みを主張している。ドイツで開催された第33回主要国首脳会議でも地球温暖化問題が主要議題となった。2007年10月の党大会では、現役閣僚でありながら党執行部に当選しなかった。

SPD党首[編集]

2009年ドイツ連邦議会選挙でSPDが大敗し執行部が辞任すると、11月13日の臨時党大会で後継党首に選出された。就任演説では「下(党員)からの意見集約」など、従来の支持層を回復するための党の構造改革を訴えた。2009年から2012年まで社会主義インターナショナル副代表を務めた。2011年11月の党大会で党首に再選された。

2013年ドイツ連邦議会選挙の結果、連立組み替えが起こり、SPDはCDUとの大連立に合意し、12月に第三次メルケル内閣が発足したが、ガブリエルは副首相兼経済・エネルギー相に就任した。選挙後の連立交渉中に行われた党大会では83.6%の支持しか得られず、「極めて深刻な結果」と表明した。

人物[編集]

離婚した夫人との間に一子。現在は歯科医の女性とゴスラーに居を構え、2012年に再婚した。同年、現在の妻との間に次女が誕生した。ドイツ福音主義教会に信徒として属している。

外部リンク[編集]

先代:
フィリップ・レスラー
ドイツ連邦共和国副首相
2013年 -
次代:
在任中
先代:
ユルゲン・トリッティン
ドイツ連邦共和国環境・自然保護・原子力相
2005年 -2009年
次代:
ノルベルト・レットゲン
先代:
フィリップ・レスラー
ドイツ連邦共和国経済相
2013年 -
次代:
在任中
先代:
ゲルハルト・グロコフスキー
ニーダーザクセン州首相
1999年 - 2003年
次代:
クリスティアン・ヴルフ
先代:
フランツ・ミュンテフェーリング
ドイツ社会民主党党首
2009年 -
次代:
在任中