グスタフ・ギルバート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニュルンベルグ裁判の被告たちとギルバート
一番左端の人物。その右隣がゲーリング

グスタフ・マーク・ギルバート(Gustave Mark Gilbert、1911年9月30日 - 1977年2月6日)は、アメリカ合衆国心理学者軍人ニュルンベルク裁判の際に心理分析官として被告人ナチス幹部たちを観察した人物として知られる。

経歴[編集]

1911年、アメリカ・ニューヨークユダヤ人家庭に生まれた。父はオーストリアからの移民だった。ギルバートが9歳の時に父は死んだ。母は彼と二人の弟を養育しきれず、ウエストチェスター郡のユダヤ系の福祉施設に預けた。奨学金を得て勉学に励み、ニューヨーク市立大学シティカレッジに入学した。1939年にコロンビア大学から心理学の博士号を授与された。

第二次世界大戦中には軍の心理学者として中尉階級でアメリカ陸軍に入隊した。その後、大尉に昇進した。ドイツ語を喋れることから情報将校としてドイツ人捕虜の尋問などを担当していた。

戦後、ニュルンベルク裁判で戦犯として起訴された者たちを収容するニュルンベルク刑務所に通訳として勤務。この際に刑務所長バートン・アンドラス大佐(en:Burton C. Andrus)から刑務所付き心理分析官に任じられ、被告人達の心理状態を観察する役を任せられた。ヘルマン・ゲーリングら被告人の精神状態について多くの記録を残した。

裁判後、1950年にニュルンベルク裁判での被告人の精神分析をもとに『独裁の心理学 ナチ指導者の尋問に基づいて(The Psychology of Dictatorship : Based on an examination of the leaders of Nazi Germany)』ISBN 978-0313219757を著した。1954年9月にミシガン州立大学の助教授に就任。その後、ブルックリンロングアイランド大学(en:Long Island University)の心理学部長となる。1961年にはエルンスト・カルテンブルンナールドルフ・フェルディナント・ヘスの心理分析を行った者としてイスラエル政府よりアドルフ・アイヒマンの裁判の証人として招かれ、イスラエル首都エルサレムを訪れ、ホロコーストについての証言をおこなった

1977年2月6日に死去した。

参考文献[編集]