パラダイス・ナウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パラダイス・ナウ
Paradise Now
الجنة الآن
監督 ハニ・アブ・アサド
脚本 ハニ・アブ・アサド
ベロ・ベイアー
製作総指揮 パスクァーレ・シメカ
撮影 アントワーヌ・エベルレ
配給 アップリンク
公開 ドイツの旗 2005年2月14日BIFF
フランスの旗 2005年9月7日
ドイツの旗 2005年9月29日
オランダの旗 2005年10月20日
日本の旗 2007年3月10日
上映時間 90分
製作国 パレスチナの旗 パレスチナ
フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
オランダの旗 オランダ
言語 アラビア語
テンプレートを表示

パラダイス・ナウ』(英語: Paradise Nowアラビア語: الجنة الآنal-ǧannah al-ʾān)は、ハニ・アブ・アサド監督による2005年フランスドイツオランダパレスチナ合作映画。自爆テロに向かう二人のパレスチナ人青年を中心にパレスチナ人から見たパレスチナ問題を描く。2005年ベルリン国際映画祭での青い天使賞、ヨーロッパ映画賞脚本部門、2006年のゴールデングローブ賞外国語映画部門など多くの賞でノミネート・受賞し国際的に高い評価をうけた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:ハニ・アブ・アサド
  • 制作:ベロ・ベイアー、アムル・ヘレル、ヘンガメ・パナヒ、ジェラールド・マイナー、ローマン・ポール
  • 脚本:ハニ・アブ・アサド、ベロ・ベイアー
  • 撮影:アントワーヌ・エベルレ
  • 編集:サンダー・ボス

ストーリー[編集]

舞台はイスラエル軍に包囲された西岸の町ナブルス。サイードとハーレドは先の見えない現状にいらだちを募らせていた。独立運動の英雄の娘でモロッコからナブルスにやってきたスーハはサイードに心を寄せるが、二人はパレスチナ過激派の自爆攻撃の実行役に選ばれる。スーハは暴力的な闘争に反対しているが、彼女の唱える非暴力的な人権運動はサイードたち下層階級の心を変えるには至らない。自爆攻撃決行の日になり、二人はユダヤ人地域に潜入しようとするが、イスラエル軍に発見されかけ、攻撃は未遂に終わり、サイードは仲間とはぐれてしまう。

外部リンク[編集]