グエムル-漢江の怪物-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グエムル-漢江の怪物-
괴물
監督 ポン・ジュノ
脚本 ポン・ジュノ
製作 チョ・ヨンベ
出演者 ソン・ガンホ
ピョン・ヒボン
パク・ヘイル
ペ・ドゥナ
コ・アソン
撮影 キム・ヒョング
編集 キム・サンミン
配給 日本の旗 角川ヘラルド映画
公開 韓国の旗 2006年5月21日
日本の旗 2006年9月2日
上映時間 120分
製作国 韓国の旗 韓国
言語 韓国語
製作費 112億ウォン(約13億円)
興行収入 6060万$
テンプレートを表示
グエムル-漢江の怪物-
各種表記
ハングル 괴물
漢字 怪物
発音 クェムル
英題: The Host
(Goe-mool)[1]
テンプレートを表示

グエムル-漢江の怪物-』(グエムル はんがんのかいぶつ)は、2006年韓国映画2006年7月7日に韓国、同年9月2日日本で公開された。2007年までに世界23カ国で公開された。

韓国では観客動員1230万人と言う同国の歴代動員記録を塗り替える大ヒットとなったが、日本での興行は振るわなかった[2]

日本語タイトルにある「グエムル」とは原題の괴물(怪物)をカタカナ表記したものである。

ストーリー[編集]

漢江から突如上陸した黒い両生類のような怪物(グエムル)は、河原の人々を捕食殺害し、露店の男カンドゥの娘、ヒョンソを捕まえて水中へ消えた。ヒョンソは怪物の巣の下水道から携帯電話で助けを呼ぶ。一方、在韓米軍は怪物は未知の病原菌を持ち、感染したとみられるカンドゥを捕えようとする。カンドゥと一家はヒョンソを救う為に追われながら怪物を探す。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
パク・カンドゥ ソン・ガンホ 山路和弘
パク・ヒボン ピョン・ヒボン 佐々木梅治
パク・ナミル パク・ヘイル 小森創介
パク・ナムジュ ペ・ドゥナ 竹田まどか
パク・ヒョンソ コ・アソン 三村ゆうな
怪物の声 オ・ダルス
セジン イ・ジェウン
セジュ イ・ドンホ
ホームレスの男 ヨン・ジェムン
黄色い服の男 キム・レハ
影(私立探偵) パク・ノシク
ナミルの同級生 イム・ピルソン

スタッフ[編集]

  • 監督・原案:ポン・ジュノ
  • 製作:チョ・ヨンベ
  • 製作総指揮:チョ・ヨンベ/キム・ウテク/ジョン・テソン
  • 脚本:ポン・ジュノ/ハ・ジョンウォン/パク・チョルヒン
  • 撮影:キム・ヒョング
  • 視覚効果:ザ・オーファナージ
  • 美術:リュ・ソンヒ
  • 衣装:チョ・サンギョン
  • 編集:キム・サンミン
  • 音楽:イ・ビョンウ
  • メイク:ソン・ジョンヒ
  • 音響:チョ・テヨン
  • 照明:イ・カンサン/ジョン・ヨンミン
  • 録音;イ・ソンチュル

作品解説[編集]

社会風刺[編集]

作品には風刺的要素も含まれており、監督のポン・ジュノ自身が反米的な要素について解説している。怪物が生まれた原因は、2000年に在韓米軍が大量のホルムアルデヒドを漢江に流出させた事件(ko:주한미군_한강_독극물_무단_방류_사건)をヒントにした社会風刺である。また、「エージェント・イエロー」という化学兵器はアメリカ軍を風刺したものである[3]。アメリカ軍がベトナムで使用した枯葉剤「エージェント・オレンジ」に掛けている。

映画の反米性は、監督自らが認めている。[2]映画の公開と同時期、盧武鉉政権が推し進めていた在韓米軍から韓国軍への戦時作戦統制権の移譲問題と映画を関連付ける報道もあった。米下院の韓米同盟聴聞会で、ヘンリー・ハイド下院国際関係委員長はこの映画の反米性を取り上げた。[3][4][5]

英語タイトルは『The Host』となっている。監督はこのタイトルについて「このタイトルが二重の意味を与えてくれることを望んでいます。ひとつは生物学的な暗示で、もうひとつはホスト(宿主)に対する、社会政治的言及です」とインタビューで説明している[4]

怪物[編集]

主役となる怪物のデザインはチャン・ヒチョルが担当し、最終デザインの確定までには2年6カ月の期間を必要とした。制作はWETAデジタルザ・オーファナージThe Orphanage)が担当した。一体の怪物を劇中で活躍させるために約50億ウォン(約6億円)の費用がかかったといわれる。

怪物のデザインやストーリー展開が日本のアニメーション映画『WXIII 機動警察パトレイバー』からの模倣ではないかとの指摘があった[5][6]。『グエムル』製作国である韓国の三大紙(朝鮮日報・中央日報・東亜日報)はすべてこの問題を取り上げた[6][7][8][9][10]。ただし、日韓両国の配給関係者はこれらの疑惑を否定している[7][8]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 괴물 (怪物) KMDb 2011年8月3日閲覧。
  2. ^ 朝鮮日報(2006-09-07)."なぜ『グエムル』は日本でコケたのか?" Chosun Online 2008年9月10日閲覧.
  3. ^ [1]
  4. ^ goo 映画."『グエムル -漢江の怪物-』 特集 ポン・ジュノ監督インタビュー" 2008年9月10日閲覧.
  5. ^ キム・ヨンホ(2006-09-06)."『グエムル』盗作騒ぎを無視してはならないワケ" Chosun Online 2008年9月10日閲覧.
  6. ^ ホン・ウンミ(2006-09-04)『映画「グエムル」、ネチズンの間で日本アニメひょう窃疑惑拡散』 中央日報 2009年6月20日閲覧.
  7. ^ 朝鮮日報(2006-09-05)."【グエムル】日本側「盗作ならば投資・配給はしない」" Chosun Online 2008年9月10日閲覧.
  8. ^ ZAKZAK(2006-9-11)."大ヒット韓国映画「グエムル」日本アニメのパクリ!?" 2010年4月11日閲覧.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 漢江
  • 竹中直人-スタッフがグエムルのイメージとして挙げた俳優。

外部リンク[編集]