アマロ神父の罪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アマロ神父の罪

El crimen del Padre Amaro
監督 カルロス・カレラ
脚本 ビセンテ・レニェロ
製作 アルフレド・リプステイン
ダニエル・バーマン・リプステイン
製作総指揮 ラウラ・インペリアレ
出演者 ガエル・ガルシア・ベルナル
音楽 ロシノ・セラノ
撮影 ギレルモ・グラニーロ
編集 オスカル・フィゲロア
配給 SPE
公開 メキシコの旗 2002年8月16日
日本の旗 2003年10月11日
上映時間 118分
製作国 メキシコの旗 メキシコ
言語 スペイン語
製作費 $1,800,000
テンプレートを表示

アマロ神父の罪』(El crimen del Padre Amaro)は2002年に公開されたメキシコ映画。原作はエッサ・デ・ケイロスの小説。

カトリック教会を舞台として戒律に背いた青年神父の信徒との愛と中年神父のマフィアとの関係を描いたカルロス・カレラ監督作品。

その描写から冒涜を目的とした作品と看做され、メキシコ本土をはじめ米国でも暴動が起こった。

ストーリー[編集]

主演[編集]

役名 俳優 日本語吹替
アマロ神父 ガエル・ガルシア・ベルナル 竹若拓磨
アメリア アナ・クラウディア・タランコン 園崎未恵
ベニト神父 サンチョ・グラシア 麦人
サンファネラ アンヘリカ・アラゴン 藤生聖子
ナタリオ神父 ダミアン・アルカザール
ディオニシア ルイサ・ウエルタス

関連項目[編集]

外部リンク[編集]