運命の女 (2002年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
運命の女
Unfaithful
監督 エイドリアン・ライン
脚本 アルヴィン・サージェント
ウィリアム・ブロイルズ・Jr
製作 エイドリアン・ライン
G・マック・ブラウン
製作総指揮 ローレンス・スティーヴン・メイヤース
アーノン・ミルチャン
ピエール・リシャール・ミラー
出演者 ダイアン・レイン
リチャード・ギア
オリヴィエ・マルティネス
音楽 ジャン・A・P・カズマレック
撮影 ピーター・ビジウ
編集 アン・V・コーツ
製作会社 リージェンシー・エンタープライズ
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年5月10日
日本の旗 2003年1月11日
上映時間 124分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $50,000,000[1]
興行収入 $119,137,784[1]
テンプレートを表示

運命の女』(原題:Unfaithful)は、2002年アメリカ映画。1968年のフランス映画不貞の女』をリメイクした作品でもある。

ダイアン・レインアカデミー主演女優賞にノミネートされた。

ストーリー[編集]

専業主婦のコニーは、夫のエドワードと幼い息子のチャーリーの三人で、平凡だが幸せな家庭を築いていた。ある日、息子の誕生日プレゼントを買いに出かけた彼女は、フランス人の青年ポールとぶつかってしまう。その時、彼女は膝を怪我してしまい、それを知った彼は不注意を詫びて、自分のアパートで彼女の怪我の治療をするのだった。そこで二人は意気投合。その後も夫に内緒でたびたび二人で会っていたのだが、やがてそれは越えてはならない一線を越えさせてしまう。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
DVD TV
コニー・サムナー ダイアン・レイン 山像かおり 佐々木優子
エドワード・サムナー リチャード・ギア 森田順平 菅生隆之
ポール・マーテル オリヴィエ・マルティネス 猪野学 津田健次郎
チャーリー・サムナー エリック・パー・サリヴァン 近藤玲子 津村まこと
ビル・ストーン チャド・ロウ 横堀悦夫 村治学
トレーシー ケイト・バートン 一柳みる 宮寺智子
フランク・ウィルソン ドミニク・チアニーズ 浦山迅
サリー マーガレット・コリン 横尾まり 藤生聖子
ディーン刑事 ジェリコ・イヴァネク 仲野裕 長島雄一
リンゼイ ミシェル・モナハン
ジョシュ マイケル・エマーソン
ベス リサ・エメリー

出典[編集]

  1. ^ a b Unfaithful (2002)” (英語). Box Office Mojo. 2010年11月19日閲覧。

外部リンク[編集]