キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
Catch Me If You Can
監督 スティーヴン・スピルバーグ
脚本 ジェフ・ナサンソン
原作 フランク・W・アバグネイル
スタン・レディング
製作 スティーヴン・スピルバーグ
ウォルター・F・パークス
製作総指揮 バリー・ケンプ
ローリー・マクドナルド
アンソニー・ロマーノ
ミシェル・シェーン
出演者 レオナルド・ディカプリオ
トム・ハンクス
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 ヤヌス・カミンスキー
編集 マイケル・カーン
製作会社 アンブリン・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ドリームワークス
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年12月25日
日本の旗 2003年3月21日
上映時間 141分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $52,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $352,114,312[1]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $164,615,351[1]
日本の旗 29億円[2]
テンプレートを表示

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(Catch Me If You Can)は、2002年アメリカ映画

1980年に出版されたフランク・W・アバグネイル・Jr著の自伝小説『世界をだました男』を元に製作されたドリームワークス作品。「Catch me if you can(できるもんなら捕まえてみろ)」とは鬼ごっこの時の掛け声で、日本語の「鬼さんこちら」に当たる。

作品概要[編集]

パンアメリカン航空パイロット医師弁護士に偽装し(弁護士の資格は本当に取得した)、1960年代に世界各地で小切手偽造事件を起こし「天才詐欺師」と言われたフランク・W・アバグネイル・Jrレオナルド・ディカプリオ)と、彼を追うFBI捜査官カール・ハンラティ(トム・ハンクス)の姿を、痛快かつ人間味豊かに描く。なお、トム・ハンクス演じるFBI捜査官カール・ハンラティは実在の人物ではなく、彼を追い、また更生の手を差し伸べた複数の人物をモデルとした創作である。

重厚な画面作りで評価を得ていたヤヌス・カミンスキーがコメディの撮影をし、また、劇中に1960年代のヒット曲をちりばめている。さらに、マーティン・シーンナタリー・バイを始め、重要な脇役を名優でそろえてあり、フランクの父を演じたクリストファー・ウォーケンは、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、英国アカデミー賞では助演男優賞を受賞した。

なお、アバグネイルは21歳で逮捕され刑に服した後、その才能を生かして詐欺防止を中心とした金融コンサルタント会社を設立。世界中に多くの顧客を抱え大成功している。この映画では彼を逮捕したフランス警察の1人としてカメオ出演も果たした。ブロードウェイミュージカル化も行われた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
フランク・W・アバグネイル・Jr レオナルド・ディカプリオ 猪野学
カール・ハンラティ トム・ハンクス 江原正士
フランクの父 クリストファー・ウォーケン 土師孝也
ロジャー・ストロング マーティン・シーン 岩崎ひろし
ポーラ・アバグネイル ナタリー・バイ 小野洋子
ブレンダ・ストロング エイミー・アダムス 落合るみ
シェリル・アン ジェニファー・ガーナー 斎藤恵理
ジャック・バーンズ ジェームズ・ブローリン 谷昌樹
アール・アムダースキー ブライアン・ホウ 塩屋浩三
トム・フォックス フランク・ジョン・ヒューズ 檀臣幸
ポール・モーガン スティーヴ・イースティン 茶風林
キャロル・ストロング ナンシー・レネハン 定岡小百合
ルーシー エリザベス・バンクス よのひかり
ダーシー キャンディス・アザラ 宮寺智子
ジョアンナ ケイトリン・ダブルデイ 内川藍維
エヴァンス校長 トーマス・コパッチ 小形満
ケスナー アレックス・ハイド=ホワイト 諸角憲一
アシュレイ ジェニファー・マンレー 片桐真衣
支配人 スティーヴ・ウィッティング 星野充昭
ホテル支配人 ロバート・ルース 古田信幸
本人役 キティー・カーライル 野村須磨子
融資担当者 マシュー・キンブロー 楠見尚己
男性 ジャック・ナイト 江川大輔
生徒 ジョシュア・コリンズ 小野塚貴志

スタッフ[編集]

挿入曲[編集]

ミュージカル[編集]

2009年7月、ワシントン州シアトル五番街劇場ミュージカルキャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』のプレミア公演が行なわれた[3]。2011年3月11日よりブロードウェイニール・サイモン劇場でプレビュー公演が行なわれ、4月10日より正式に公開された[4][5]。この作品はミュージカル作品賞を含むトニー賞に4部門ノミネートされた[6]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Catch Me If You Can (2002)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月9日閲覧。
  2. ^ 日本映画産業統計 過去興行収入上位作品 (興収10億円以上番組) 2003年(1月~12月)”. 社団法人日本映画製作者連盟. 2010年4月9日閲覧。
  3. ^ Hetrick, Adam. Broadway-Aimed "Catch Me If You Can Ends Seattle Premiere Run Aug. 16". Playbill.com. 2009-08-16. Retrieved 2011-11-17.
  4. ^ "CATCH ME IF YOU CAN to Open on Broadway April 10; Previews March 7, 2011". BroadwayWorld.com. Retrieved 2011-10-17.
  5. ^ "Catch Me If You Can Books Broadway's Neil Simon Theatre". Playbill.com. Retrieved 2011-10-17.
  6. ^ "2011 Tony Nominations Announced; Book of Mormon Earns 14 Nominations". Playbill.com. Retrieved 2011-10-17.

関連事項[編集]

外部リンク[編集]