リンカーン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リンカーン
Lincoln
監督 スティーヴン・スピルバーグ
脚本 トニー・クシュナー
原作 ドリス・カーンズ・グッドウィン英語版
リンカン英語版
製作 スティーヴン・スピルバーグ
キャスリーン・ケネディ
製作総指揮 ジョナサン・キング
ダニエル・ルピ
ジェフ・スコール
出演者 ダニエル・デイ=ルイス
サリー・フィールド
ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
ジェームズ・スペイダー
ハル・ホルブルック
ジョン・ホークス
ティム・ブレイク・ネルソン
ブルース・マッギル
デヴィッド・ストラザーン
トミー・リー・ジョーンズ
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 ヤヌス・カミンスキー
編集 マイケル・カーン
製作会社 リライアンス・エンターテインメント
パーティシパント・メディア
アンブリン・エンターテインメント
ザ・ケネディ/マーシャル・カンパニー
配給 アメリカ合衆国の旗 ドリームワークス
世界の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年11月9日
日本の旗 2013年4月19日
上映時間 150分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $65,000,000[1]
興行収入 $263,696,599[1]
日本の旗 10.2億円[2]
テンプレートを表示

リンカーン』(原題: Lincoln)は、2012年公開のアメリカ合衆国伝記戦争ドラマ映画である。スティーヴン・スピルバーグが監督し、ダニエル・デイ=ルイスアメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンサリー・フィールドメアリー・トッド・リンカーンを演じる[3]ドリス・カーンズ・グッドウィン英語版による伝記本『リンカン英語版』を原作とし、リンカーンの最後の4ヶ月が描かれる。撮影は2011年10月17日に開始され[4]、2011年12月19日に完了した[5]。アメリカ合衆国では2012年11月16日にディズニータッチストーン・ピクチャーズを通し、ドリームワークス配給で公開される[6]。また国際配給は20世紀フォックスが行う[7]

第85回アカデミー賞では作品賞を含む12部門でノミネートされ、主演男優賞アカデミー美術賞を受賞した[8]

ストーリー[編集]

アメリカ合衆国第16代大統領 エイブラハム・リンカーン― 史上最も愛された大統領と言われ、常にユーモアを絶やさず、黒人を含めたすべてに人々にオープンに接する人物だった。

1865年1月。大統領に再選され2ヶ月が経ったが、アメリカでは4年以上に及ぶ南北戦争が未だに続いていた。リンカーンは毎晩1人で船に乗り、どこかへ向かっているという不思議な夢を見るようになる。

1862年の奴隷解放宣言で奴隷は解放されたかに思えたが、この宣言で実際に解放された者はわずかであり、この宣言は戦時中の立法措置として、戦争が終われば効力は失われることになる。「すべての人間は自由であるべき」と信じるリンカーンは奴隷を永久に開放するため、アメリカ合衆国憲法修正第13条を議会で可決させることを決意する。

しかし戦争は既に終わる方向に進んでおり、リンカーンの所属する共和党でも「これ以上犠牲者を出さないために、1日も早く戦争を終わらせるべき」という意見が強くなっていた。戦争の犠牲と人間としての尊厳のジレンマ、反対を押し切って戦場に向かう長男ロバート、三男ウィリーを失ったことで疎遠になっていた妻メアリー・トッドに苦悩しながら彼はある決断を下す。

キャスト[編集]

リンカーン家[編集]

ホワイトハウス[編集]

共和党[編集]

民主党[編集]

アメリカ合衆国軍[編集]

南部連合[編集]

日本語吹き替え[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
エイブラハム・リンカーン ダニエル・デイ=ルイス 宮本充
メアリー・トッド・リンカーン サリー・フィールド 野沢由香里
ウィリアム・スワード デヴィッド・ストラザーン 小島敏彦
ロバート・リンカーン ジョゼフ・ゴードン=レヴィット 内山昂輝
W.N.ビルボ ジェームズ・スペイダー 大川透
プレストン・ブレア英語版 ハル・ホルブルック 稲垣隆史
タデウス・スティーブンス トミー・リー・ジョーンズ 菅生隆之

製作[編集]

企画[編集]

1999年にスティーヴン・スピルバーグはプロジェクトについて話し合い、グッドウィンはスピルバーグに『リンカン』の執筆計画があることを語り、スピルバーグは映画化権をすぐに欲しいと述べた[23]。2001年にドリームワークスは契約を済ませ[24]、同年末までにジョン・ローガンが脚本執筆契約を交わした[25]。彼の草案は、リンカーンとフレデリック・ダグラスの友情に焦点を当てたものだった[26]。劇作家のポール・ウェッブが脚本書き直しのために雇われ、2006年1月に撮影開始が予定されたが[24]、スピルバーグが脚本に不満を持ったので延期された[27]。リーアム・ニーソンによると、ウェッブの草案はリンカーンの大統領任期全体をカバーしたものであった[28]

ウェッブに代わってトニー・クシュナーが雇われ[29][30]、リンカーンの生涯のうち4ヶ月に焦点を当てた500ページの草案を書き、さらに2009年2月、修正第13条採決に終始する2ヶ月を描いたものに書き直された[28]

キャスティング[編集]

2005年1月当初はリーアム・ニーソンがリンカーン役にキャスティングされ[24]、ニーソンは役作りのためリンカーンを広範囲にわたって研究していた[31]。しかし2010年7月、「もう僕は賞味期限切れだよ」(企画発足から数年が経過しており、リンカーンを演じるには歳をとってしまった)として、降板した[32][33]。2010年11月、デイ=ルイスが演じることが発表された[34]

サリー・フィールドは当初、早ければ2007年9月にキャストに加わると発表されたが、正式に加わったのは2011年4月であった[35]。スピルバーグは当初からフィールドの起用を望んでおり、「メアリー・トッド・リンカーンという人間の複雑さともろさを演じられるのは彼女しかいない」とコメントした[36][37]

フランシス・プレストン・ブレア共和党議員を演じたハル・ホルブルックは1975年にテレビシリーズ「Lincoln」でリンカーン役を演じたことがある。

撮影[編集]

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』のプロモーション中の2008年5月、スピルバーグは2009年初頭に撮影を開始し[38]、リンカーン誕生200周年から10ヶ月後となる2009年11月に公開する意向を発表した[23]。2009年1月、マサチューセッツ州トーントンダイトン英語版が撮影予定地として視察された[39]。スピルバーグは以前、『アミスタッド』(1997年)が商業的に失敗したという理由からプロジェクトを遅らせていたパラマウント映画CEOのブラッド・グレイ英語版に配慮して製作費には5000万ドルを要求した。スピルバーグは2010年以降の自作をすべて配給することに合意したタッチストーン・ピクチャーズを望んだが、ドリームワークスと共に本企画を進めていたパラマウントに清算する余裕がなかった[40]

撮影はバージニア州ピーターズバーグで行われた。ロケーション・マネージャーのコリーン・ギボンズによると「街に映画製作者を集めることが歴史的建造物の180度の眺望であること」は「非常に稀」である[41]。他にフレデリックスバーグリッチモンドのバージニア州議事堂でも撮影された[42][22]

劇中でリンカーンの懐中時計の音が聞こえるシーンは、ケンタッキー州フランクフォート歴史研究博物館に保管されていた、リンカーンが暗殺された際に所持していた本物の懐中時計の音を使用した[43]。デイ=ルイスは本作への出演を1年間の準備期間を条件に受諾し、「私が興味を持ったのは、リンカーン個人の経験を主観的に理解すること」であると語っている。そのために髪やあごひげを伸ばし、リンカーンが書き残した書物を読みあさり、メアリー・トッド・リンカーン役のサリー・フィールドと4カ月間 当時の文体でつづって文通を行ったという。一方、スピルバーグはリンカーンに敬意を表すため、製作期間中は常にスーツを着た[44]

音楽[編集]

リンカーン オリジナル・サウンドトラック
ジョン・ウィリアムズ映画音楽
リリース 2012年11月6日
録音 2012年
ジャンル 現代音楽
時間 58:46
レーベル ソニー・クラシカル
プロデュース ジョン・ウィリアムズ
テンプレートを表示

映画音楽はジョン・ウィリアムズが作曲し、シカゴ交響楽団シカゴ交響合唱団英語版により収録され、2012年11月6日にサウンドトラックが発売された[45][46]

全作曲: ジョン・ウィリアムズ

# タイトル 時間
1. 「国民の家」   3:41
2. 「修正条項の意義」   3:06
3. 「議員票の獲得」   2:48
4. 「アメリカ的な手続き」   3:56
5. 「北軍と南軍」   2:59
6. 「何人に対しても悪意を抱かず」   1:50
7. 「解放の喊声」   2:17
8. 「南軍派遣団/夢の光景」   4:43
9. 「父と子」   1:42
10. 「ホワイトハウスへの競走」   2:41
11. 「法の下の平等」   3:11
12. 「解放の呼び声」   6:06
13. 「悲歌」   2:34
14. 「ウィリー・リンカーンの想い出」   1:51
15. 「1865年4月9日、アポマトックス」   2:36
16. 「ピーターセン・ハウスとフィナーレ」   11:00
17. 「何人に対しても悪意を抱かず (ピアノ・ソロ)」   1:31
合計時間:
54:72

公開[編集]

アメリカ合衆国ではタッチストーン・ピクチャーズドリームワークス、その他の国々では20世紀フォックスにより配給された。

日本での宣伝の際にはスピルバーグのメッセージが付けられた特別予告編が使われた[47]。2013年3月31日には在日アメリカ大使公邸で試写会が行われ、現職国会議員の小泉進次郎白眞勲菊田真紀子藤末健三大津市長の越直美らが出席した[48]

ホームメディア[編集]

2013年3月26日にBlu-rayDVDデジタル・ダウンロード版がタッチストーン・ホーム・エンターテインメントより発売された[49]

ディズニー・エデュケーショナル・プロダクションズは、スピルバーグが教育者たちから本作をカリキュラムに組み込みたいという手紙を貰ったことにより、アメリカ合衆国の3万7100の中学校にDVDと教本『Stand Tall: Live Like Lincoln』を配布することを決定した[50][51][52]。また、「リンカーン」の名が付いた15の中学校・高校に対して、映像機器の寄付も行われる。スピルバーグは教師たちから学校へのDVDの配布を希望する手紙を受け取っており、「『リンカーン』が、彼の人生を歴史の本で学んだ大人たちだけでなく、今まさに教室で勉強している若い生徒たちにとっても、教育的価値があるものだと気付かされました」とコメントした[53]

評価[編集]

興行収入[編集]

2013年4月18日時点で、製作費6500万ドルに対し、アメリカ合衆国とカナダで1億8218万2836ドル、その他の国々で8151万3763ドル、全世界で合計2億6369万6599ドルを売り上げている[1]

アメリカ合衆国とカナダでは11劇場で限定公開され、初週末に94万4308ドルを売り上げ、同週末興行収入では15位となった[1]。翌週末には1775劇場に拡大され、2104万9406ドルを売り上げて3位まで浮上した[1]。拡大公開の成功により、ディズニーは劇場からの要望を受けて追加のプリントを生産した[54]

批評家の反応[編集]

本作は批評家からは高い評価を受けており、Rotten Tomatoesでは242件のレビューに基づき評価の平均を8/10とし、好意的な評価の割合89%の支持を得ている[55]Metacriticでは44媒体のレビューで加重平均値は86/100となった[56]

シカゴ・サンタイムズ』のロジャー・イーバートは星4つの満点を付け、「ダニエル・デイ=ルイス演じるリンカーンは、現実的に政治を行う上で必要な自信・忍耐力・意志の強さを証明した」と語っている[57]

トップテン一覧[編集]

批評家 出版物・団体 順位
Christopher Orr The Atlantic 2位[58]
Marjorie Baumgarten Austin Chronicle 4位[58]
Alison Willmore A.V. Club 4位[58]
Michael Phillips シカゴ・トリビューン 2位[58]
J.R. Jones Chicago Reader 2位[58]
ロジャー・イーバート シカゴ・サンタイムズ 3位[58]
Lawrence Toppman Charlotte Observer 1位[58]
Lisa Schwarzbaum エンターテインメント・ウィークリー 2位[58]
Owen Gleiberman 『エンターテインメント・ウィークリー』 1位[58]
Betsy Sharkey ロサンゼルス・タイムズ 2位(タイ)[58]
リチャード・T・ジェイムソン MSN Movies 2位[58]
Danny Miller MSN Movies 1位[58]
Kat Murphy MSN Movies 2位[58]
Stephen Holden ニューヨーク・タイムズ 1位[58]
A・O・スコット 『ニューヨーク・タイムズ』 2位[58]
David Denby The New Yorker 1位[58]
ピーター・トラヴァース ローリング・ストーン 4位[58]
Mick LaSalle サンフランシスコ・クロニクル 1位[58]
Chuck Wilson Village Voice 1位[58]

史実と異なる描写に対する反応[編集]

コロンビア大学の歴史家でピューリッツァー賞受賞者のエリック・フォーナー英語版は、映画が修正第13条の成立の経過が「ひどく誇張」されているという趣旨の手紙を『ニューヨーク・タイムズ』に送った[59]ノースウェスタン大学のケイト・マスアは『ニューヨーク・タイムズ』で、映画が奴隷制度廃止運動における黒人の役割を単純化しており、「機会を無駄にした」と指摘する記事を書いた[60]

コネティカット州の議員ジョー・コートニー英語版は、修正第13条をめぐって劇中のコネティカット州代議士は憲法改正に反対票を投じているが、これは事実とは異なると主張した。実際 議会調査部に問い合わせたところ、4人いた代議士全員が賛成票を投じた記録が残っていたとのこと。コートニーはスピルバーグに対して該当箇所の修正を求める意見書を提出している[61]

受賞とノミネート[編集]

部門 対象 結果
ボストン映画批評家協会賞[62] 主演男優賞 ダニエル・デイ=ルイス 受賞
助演女優賞 サリー・フィールド 受賞
脚本賞 トニー・クシュナー 受賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞[63] 作品トップ10 『リンカーン』 受賞
ゴールデングローブ賞[64] 作品賞 (ドラマ部門) 『リンカーン』 ノミネート
主演男優賞 (ドラマ部門) ダニエル・デイ=ルイス 受賞
助演男優賞 トミー・リー・ジョーンズ ノミネート
助演女優賞 サリー・フィールド ノミネート
監督賞 スティーヴン・スピルバーグ ノミネート
脚本賞 トニー・クシュナー ノミネート
作曲賞 ジョン・ウィリアムズ ノミネート
全米映画俳優組合賞[65] キャスト賞 ダニエル・デイ=ルイス、サリー・フィールド、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
ハル・ホルブルック、トミー・リー・ジョーンズ、ジェームズ・スペイダー、デヴィッド・ストラザーン
ノミネート
主演男優賞 ダニエル・デイ=ルイス 受賞
助演男優賞 トミー・リー・ジョーンズ 受賞
助演女優賞 サリー・フィールド ノミネート
AFIアワード ベスト映画10本 『リンカーン』 受賞
全米製作者組合賞[66] 映画部門 スティーヴン・スピルバーグ、キャスリーン・ケネディ ノミネート
全米監督協会賞[67] 長編映画監督賞 スティーヴン・スピルバーグ ノミネート
全米脚本家組合賞[68] 脚色賞 トニー・クシュナー ノミネート
アカデミー賞[8] 作品賞 スティーヴン・スピルバーグ、キャスリーン・ケネディ ノミネート
監督賞 スティーヴン・スピルバーグ ノミネート
主演男優賞 ダニエル・デイ=ルイス 受賞
助演男優賞 トミー・リー・ジョーンズ ノミネート
助演女優賞 サリー・フィールド ノミネート
脚色賞 トニー・クシュナー ノミネート
編集賞 マイケル・カーン ノミネート
撮影賞 ヤヌス・カミンスキー ノミネート
作曲賞 ジョン・ウィリアムズ ノミネート
美術賞 リック・カーター(プロダクション・デザイン)
ジム・エリクソン英語版(セット・デコレーション)
受賞
衣装デザイン賞 ジョアンナ・ジョンストン ノミネート
録音賞 アンディ・ネルソンゲイリー・ライドストロムロナルド・ジャドキンス英語版 ノミネート
英国アカデミー賞[69] 作品賞 『リンカーン』 ノミネート
主演男優賞 ダニエル・デイ=ルイス 受賞
助演男優賞 トミー・リー・ジョーンズ ノミネート
助演女優賞 サリー・フィールド ノミネート
脚色賞 トニー・クシュナー ノミネート
撮影賞 ヤヌス・カミンスキー ノミネート
作曲賞 ジョン・ウィリアムズ ノミネート
プロダクションデザイン賞 リック・カーター、ジム・エリクソン ノミネート
衣裳デザイン賞 ジョアンナ・ジョンストン ノミネート
メイクアップ&ヘア賞 ロイス・バーウェル、ケイ・ジョルジオ ノミネート
シカゴ映画批評家協会賞[70] 作品賞 『リンカーン』 ノミネート
監督賞 スティーヴン・スピルバーグ ノミネート
主演男優賞 ダニエル・デイ=ルイス 受賞
助演男優賞 トミー・リー・ジョーンズ ノミネート
助演女優賞 サリー・フィールド ノミネート
脚色賞 トニー・クシュナー 受賞
撮影賞 ヤヌス・カミンスキー ノミネート
美術賞 『リンカーン』 ノミネート
放送映画批評家協会賞[71] 作品賞 『リンカーン』 ノミネート
主演男優賞 ダニエル・デイ=ルイス 受賞
助演男優賞 トミー・リー・ジョーンズ ノミネート
助演女優賞 サリー・フィールド ノミネート
監督賞 スティーヴン・スピルバーグ ノミネート
アンサンブル演技賞 『リンカーン』 ノミネート
脚色賞 トニー・クシュナー 受賞
撮影賞 ヤヌス・カミンスキー ノミネート
美術賞 リック・カーター、ジム・エリクソン ノミネート
編集賞 マイケル・カーン ノミネート
衣裳デザイン賞 ジョアンナ・ジョンストン ノミネート
メイクアップ賞 レオ・コーリー・カステラーノ、ミア・コヴェロ ノミネート
音楽賞 ジョン・ウィリアムズ 受賞
デトロイト映画批評家協会賞[72] 主演男優賞 ダニエル・デイ=ルイス 受賞
助演男優賞 トミー・リー・ジョーンズ ノミネート
助演女優賞 サリー・フィールド ノミネート
アンサンブル賞 『リンカーン』 受賞
脚本賞 トニー・クシュナー ノミネート
ニューヨーク映画批評家協会賞[73] 主演男優賞 ダニエル・デイ=ルイス 受賞
助演女優賞 サリー・フィールド 受賞
脚本賞 トニー・クシュナー 受賞
サンディエゴ映画批評家協会賞[74] 主演男優賞 ダニエル・デイ=ルイス 受賞
脚色賞 トニー・クシュナー ノミネート
サテライト賞[75] 映画作品賞 『リンカーン』 ノミネート
監督賞 スティーヴン・スピルバーグ ノミネート
映画主演男優賞 ダニエル・デイ=ルイス ノミネート
映画助演男優賞 トミー・リー・ジョーンズ ノミネート
脚色賞 トニー・クシュナー ノミネート
作曲賞 ジョン・ウィリアムズ ノミネート
撮影賞 ヤヌス・カミンスキー ノミネート
美術賞 カート・ビーチ、リック・カーター、デヴィッド・クランク、レスリー・マクドナルド 受賞
ワシントンD.C.映画批評家協会賞[76] 作品賞 『リンカーン』 ノミネート
主演男優賞 ダニエル・デイ=ルイス 受賞
助演男優賞 トミー・リー・ジョーンズ ノミネート
助演女優賞 サリー・フィールド ノミネート
監督賞 スティーヴン・スピルバーグ ノミネート
脚色賞 トニー・クシュナー ノミネート
アンサンブル演技賞 『リンカーン』 ノミネート
美術賞 リック・カーター、ジム・エリクソン ノミネート
音楽賞 ジョン・ウィリアムズ ノミネート

※第85回アカデミー賞・第66回英国アカデミー賞・第70回ゴールデングローブ賞のすべてで最多ノミネート数を記録した。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e Lincoln”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年4月18日閲覧。
  2. ^ 2013年(平成25年)全国映画概況日本映画製作者連盟 2014年1月28日
  3. ^ Breznican, Anthony (2011年4月13日). “Steven Spielberg's 'Lincoln' gets its Mary Todd: Sally Field”. Entertainment Weekly. 2011年6月28日閲覧。
  4. ^ McClintock, Pamela (2011年10月12日). “Participant Media Boarding Steven Spielberg's 'Lincoln' (Exclusive)”. Hollywood Reporter (ロサンゼルス). http://www.hollywoodreporter.com/news/participant-media-steven-spielberg-lincoln-247470 2011年10月15日閲覧。 
  5. ^ “Filmmakers really liked Petersburg”. The Progress-Index (Petersburg, Virginia). (2011年12月29日). http://progress-index.com/news/op-ed/filmmakers-really-liked-petersburg-1.1250470#axzz1k7PM6CQe 2012年1月22日閲覧。 
  6. ^ Fischer, Russ (2010年11月19日). “Daniel Day-Lewis to Star in Steven Spielberg’s 'Lincoln'”. /Film. 2012年10月18日閲覧。
  7. ^ McClintock, Pamela (2012年1月23日). “Fox Partnering with DreamWorks on Steven Spielberg's 'Lincoln'”. The Hollywood Reporter. 2012年4月1日閲覧。
  8. ^ a b The 85th Academy Awards (2013) Nominees and Winners”. 映画芸術科学アカデミー. 2013年4月18日閲覧。
  9. ^ Fischer, Russ (2010年11月19日). “Daniel Day-Lewis to Star in Steven Spielberg’s ‘Lincoln’”. /Film. 2011年6月28日閲覧。
  10. ^ Chitwood, Adam (2011年4月13日). “Sally Field Set to Play Mary Todd Lincoln in Steven Spielberg’s LINCOLN”. Collider.com. 2011年6月28日閲覧。
  11. ^ a b Goetz, Barrett (2011年5月5日). “Tommy Lee Jones & Joseph Gordon-Levitt Join Spielberg’s ‘Lincoln’”. TheMovieMash.com. 2011年6月28日閲覧。
  12. ^ Labrecque, Jeff (2011年11月28日). “'Lincoln': Meet the Cast”. Entertainment Weekly. 2011年12月1日閲覧。
  13. ^ a b Spielberg’s ‘Lincoln’ Casts Every Other Good Actor Under The Sun”. 2011年11月25日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r Lipton, Brian Scott (2011年11月28日). “Steven Spielberg's Lincoln Announces Additional Casting”. TheaterMania.com. 2011年11月28日閲覧。
  15. ^ Joshua L. Weinstein (2011年6月27日). “David Strathairn Joins DreamWorks' 'Lincoln'”. TheWrap.com. 2011年6月28日閲覧。
  16. ^ Jeanne Jakle (2011年7月30日). “Jeanne Jakle: McGill’s profile going higher and higher”. mysanantonio.com. 2011年7月30日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g h Schaefer, Sandy. “Spielberg’s ‘Lincoln’ Casts Every Other Good Actor Under The Sun”. Screen Rant. 2011年11月23日閲覧。
  18. ^ a b c d Lincoln (2012) - Full cast and crew”. Imdb.com, Inc.. 2013年4月8日閲覧。
  19. ^ Tim Blake Nelson tapped for Spielberg's 'Lincoln' film in 2012”. 2011年11月25日閲覧。
  20. ^ Walton Goggins Joins Cast Of ‘Lincoln’”. Deadline Hollywood (2011年7月11日). 2011年11月28日閲覧。
  21. ^ David Oyelowo Joins Steven Spielberg’s ‘Lincoln’”. 2011年11月24日閲覧。
  22. ^ a b Vincent, Mal (2011年10月14日). “Spielberg's 'Lincoln' takes Richmond”. The Virginian-Pilot (Norfolk, Virginia). http://hamptonroads.com/2011/10/spielbergs-lincoln-takes-richmond 2011年10月15日閲覧。 
  23. ^ a b Ruben V. Nepales (2008年5月18日). “Spielberg may co-direct next with Peter Jackson”. Philippine Daily Inquirer. http://showbizandstyle.inquirer.net/entertainment/entertainment/view/20080518-137261/Spielberg-may-co-direct-next-with-Peter-Jackson 2008年5月18日閲覧。 
  24. ^ a b c Michael Fleming (2005年1月11日). “Lincoln logs in at DreamWorks: Spielberg, Neeson eye Abe pic”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117916168.html?categoryid=1238&cs=1 2007年1月24日閲覧。 
  25. ^ “Logan Scripting Spielberg's Lincoln”. IGN. (2001年12月7日). http://uk.movies.ign.com/articles/316/316756p1.html 2008年7月21日閲覧。 
  26. ^ “Lincoln Update”. IGN. (2003年1月23日). http://uk.movies.ign.com/articles/383/383505p1.html 2008年7月21日閲覧。 
  27. ^ Ron Grover (2006年4月17日). “The Director's Cut”. BusinessWeek. http://www.businessweek.com/magazine/content/06_16/b3980090.htm?campaign_id=rss_daily 2007年8月10日閲覧。 
  28. ^ a b Jeffrey Wells (2009年2月2日). “Spielberg's Lincoln in December?”. Hollywood Elsewhere. http://www.hollywood-elsewhere.com/2009/02/spielbergs_linc_2.php 2009年2月10日閲覧。 
  29. ^ Naomi Pffefferman (2007年10月25日). “Kushner’s (old) testament to Lincoln”. The Jewish Journal of Greater Los Angeles. http://www.jewishjournal.com/arts/article/kushners_old_testament_to_lincoln_20071026/ 2008年11月22日閲覧。 
  30. ^ Karen Bovard (2008年11月20日). “Lincoln Logs”. Hartford Advocate. http://www.hartfordadvocate.com/article.cfm?aid=10614 2008年11月23日閲覧。 
  31. ^ Max Evry (2007年1月24日). “Liam Neeson Talks Lincoln”. Comingsoon.net. http://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=18545 2008年5月12日閲覧。 
  32. ^ Simon Reynolds (2010年7月30日). “Neeson quits Spielberg's Lincoln biopic”. Digital Spy. http://www.digitalspy.co.uk/movies/news/a253207/neeson-quits-spielbergs-lincoln-biopic.html 
  33. ^ リーアム・ニーソン、スピルバーグ監督「リンカーン」主役を降板”. 映画.com (2010年8月2日). 2011年7月29日閲覧。
  34. ^ Shoard, Catherine (2010年11月19日). “Daniel Day-Lewis set for Steven Spielberg's Lincoln film”. The Guardian. 2010年11月19日閲覧。
  35. ^ Carly Mayberry (2007年9月25日). “Field is Spielberg's new first lady”. The Hollywood Reporter. オリジナル2008年11月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20081122144647/www.hollywoodreporter.com/hr/content_display/news/e3ib429a97580f60ae2f1518b10479f0bce 2007年9月26日閲覧。  [リンク切れ]
  36. ^ スピルバーグ監督「リンカーン」大統領夫人役にサリー・フィールド”. 映画.com (2011年4月15日). 2011年7月29日閲覧。
  37. ^ Roberts, Roxanne; Argetsinger, Amy (2011年4月13日). “Sally Field to play Mary Todd Lincoln; actress prepped for role with visit to Ford’s Theatre”. Washington Post. http://www.washingtonpost.com/blogs/reliable-source/post/sally-field-to-play-mary-todd-lincoln-actress-prepped-for-role-with-visit-to-fords-theatre/2011/04/13/AFO6kNYD_blog.html 2011年12月14日閲覧。 
  38. ^ Sheigh Crabtree (2008年5月10日). “Steven Spielberg: He wants to shoot 'Abraham Lincoln' in 2009”. Los Angeles Times. http://latimesblogs.latimes.com/entertainmentnewsbuzz/2008/05/steven-spielber.html 2008年5月10日閲覧。 
  39. ^ Charles Winokoor (2009年2月7日). “Film crews may be back in Silver City”. Taunton Daily Gazette. http://www.tauntongazette.com/news/x1851008232/Film-crews-may-be-back-in-Silver-City 2009年2月10日閲覧。 
  40. ^ Kim Masters (2009年2月17日). “Spielberg's Lincoln Troubles”. Slate. http://www.thebigmoney.com/articles/impressions/2009/02/17/spielbergs-lincoln-troubles 2009年2月18日閲覧。 
  41. ^ Wiggins, F.M. (2011年11月17日). “Lincoln film to come to Petersburg next month”. Progress-Index (Petersburg, Virginia). http://progress-index.com/news/lincoln-film-to-come-to-petersburg-next-month-1.1233817#axzz1f397gd9g 2011年11月28日閲覧。 
  42. ^ Kumar, Anita (2011年11月8日). “Virginia Politics: Lights, camera, action. Spielberg’s Lincoln movie films at Capitol”. Washington Post (Washington, DC). http://www.washingtonpost.com/blogs/virginia-politics/post/lights-camera-action-spielbergs-lincoln-movie-films-at-capitol/2011/11/05/gIQA47TY0M_blog.html 2011年11月28日閲覧。 
  43. ^ ノミネート作品の実力!演出、脚本、役者 キモになるのは?【第85回アカデミー賞】”. CINEMATODAY Inc. (2013年1月31日). 2012年2月26日閲覧。
  44. ^ リンカーン大統領で3度目オスカー、ダニエル・デイ=ルイスの役作りとは”. 映画.com速報 (2013年4月1日). 2013年4月2日閲覧。
  45. ^ John Williams' Tracklist For Score To Steven Spielberg's 'Lincoln' Is Suitably Important & Historical”. 2012年8月27日閲覧。
  46. ^ John Williams' Lincoln Score Gently Spoils A Few Key Scenes”. 2012年9月30日閲覧。
  47. ^ スピルバーグ、日本のファンに特別メッセージ!『リンカーン』予告編が公開!”. シネマトゥデイ (2012年12月28日). 2013年4月18日閲覧。
  48. ^ アメリカ大使公邸で行われた映画『リンカーン』試写会に小泉進次郎議員ら次代を担うリーダーが出席!”. シネマトゥデイ (2013年3月31日). 2013年4月18日閲覧。
  49. ^ Justin Sluss (2013年1月10日). “Steven Spielberg’s Oscar nominated “Lincoln” comes to Blu-ray in March”. 2013年4月8日閲覧。
  50. ^ Ford, Rebecca (2013年2月11日). “'Lincoln' DVDs to Go to All U.S. Middle and High Schools”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/lincoln-dvds-go-all-us-420683 2013年3月30日閲覧。 
  51. ^ “Disney will give "Lincoln" DVD to every middle, high school in U.S.”. The Denver Post. (2013年2月12日). http://www.denverpost.com/breakingnews/ci_22575072/disney-will-give-lincoln-dvd-every-middle-high 2013年3月30日閲覧。 
  52. ^ Solis, Liana (2013年2月18日). “Disney announces it will donate ‘Lincoln’ movie to schools”. The Daily Toreador. http://www.dailytoreador.com/lavida/article_eca11002-7a47-11e2-9d5b-0019bb30f31a.html 2013年3月19日閲覧。 
  53. ^ スピルバーグ『リンカーン』、教材として全米の中高に配布へ”. CINEMATODAY Inc. (2013年2月12日). 2012年2月26日閲覧。
  54. ^ Lang, Derrick (03 December 202). “'Lincoln' Box Office So Strong, Disney Having Hard Time Keeping Up With Demand”. The Huffington Post. http://www.huffingtonpost.com/2012/12/04/lincoln-box-office_n_2236611.html 2013年1月12日閲覧。 
  55. ^ Lincoln (2012)”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2013年4月18日閲覧。
  56. ^ Lincoln”. Metacritic. 2012年11月21日閲覧。
  57. ^ Ebert, Roger (2011年11月7日). “Lincoln”. シカゴ・サンタイムズ. 2012年12月14日閲覧。
  58. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s Dietz, Jason (2012年12月11日). “2012 Film Critic Top Ten Lists”. 'Metacritic'. CBS Interactive. 2013年7月15日閲覧。
  59. ^ “Lincoln’s Use of Politics for Noble Ends”. NYTimes.com. (2012年11月26日). http://www.nytimes.com/2012/11/27/opinion/lincolns-use-of-politics-for-noble-ends.html?_r=0 2012年12月4日閲覧。 
  60. ^ Kate Masur (2012年11月12日). “In Spielberg’s ‘Lincoln,’ Passive Black Characters”. NYTimes.com. http://www.nytimes.com/2012/11/13/opinion/in-spielbergs-lincoln-passive-black-characters.html?pagewanted=2 2012年12月4日閲覧。 
  61. ^ オスカー最有力『リンカーン』に史実誤認か アメリカ議員が抗議”. CINEMATODAY Inc. (2013年2月8日). 2012年2月26日閲覧。
  62. ^ 2012 Winners”. Boston Society of Film Critics. 2012年12月9日閲覧。
  63. ^ 2013 National Board Of Review Awards”. MovieCityNews.com. 2012年12月7日閲覧。
  64. ^ 2013 Golden Globe Nominations”. ハリウッド外国人映画記者協会. 2012年12月13日閲覧。
  65. ^ “The 19th Annual Screen Actors Guild Awards”. 2013年4月18日閲覧。
  66. ^ PGA Motion Picture Nominees Announced”. PGA. 2013年1月3日閲覧。
  67. ^ Affleck, Spielberg, Bigelow among Director's Guild film nominees”. DGA. 2013年1月8日閲覧。
  68. ^ 2013 Writers Guild Awards Screen Nominations Announced”. WGA. 2013年1月4日閲覧。
  69. ^ 'Lincoln' dominates BAFTA nominations, earning 10”. Los Angeles Times. 2013年1月9日閲覧。
  70. ^ 2012 Chicago Film Critics Awards”. Chicago Film Critics Association. 2012年12月17日閲覧。
  71. ^ ‘LINCOLN’ LEADS THE 18TH ANNUAL CRITICS’ CHOICE MOVIE AWARDS NOMINATIONS WITH A RECORD 13 NOMS”. Broadcast Film Critics Association. 2012年12月11日閲覧。
  72. ^ The 2012 Detroit Film Critics Society Awards”. Detroit Film Critics Society. 2012年12月14日閲覧。
  73. ^ 2012 Awards”. ニューヨーク映画批評家協会. 2012年12月3日閲覧。
  74. ^ San Diego Film Critics Select Top Films for 2012”. サンディエゴ映画批評家協会. 2012年12月11日閲覧。
  75. ^ 17th Satellite Awards Nominations”. International Press Academy. 2012年12月5日閲覧。
  76. ^ Washington critics reward Bigelow, Zero Dark Thirty”. screendaily.com (2012年12月10日). 2012年12月11日閲覧。

外部リンク[編集]