ジョン・パーマー・アッシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・パーマー・アッシャー

ジョン・パーマー・アッシャー(John Palmer Usher, 1816年1月16日 - 1889年4月13日)は、アメリカ合衆国政治家南北戦争期のエイブラハム・リンカーン政権で第7代アメリカ合衆国内務長官を務めた。

生涯[編集]

1816年1月16日、アッシャーはニューヨーク州ブルックフィールドにおいて誕生した。アッシャーは法律を学び、1839年にニューヨーク州で弁護士として認可を受けた。1840年、アッシャーはインディアナ州西部のテレホートに移住し、知人のウィリアム・グリズウォルドと共同で法律事務所を設立した。アッシャーは法廷弁護士として成功を収めた。アッシャーは1840年代から1850年代にかけてインディアナ州とイリノイ州を周遊し、イリノイ州スプリングフィールドエイブラハム・リンカーンと知り合いになった。

アッシャーはホイッグ党に参加し、1850年から1851年にかけてインディアナ州下院議員を務めた。1856年、アッシャーは共和党から連邦下院議員に立候補したが、敗北した。1860年、アッシャーは大統領選挙の共和党候補としてエドワード・ベイツを支持した。だがアッシャーはその後、エイブラハム・リンカーンに支持を移した。

アッシャーは1861年インディアナ州検事総長に選出された。1862年3月、アッシャーはリンカーン大統領から内務次官補への就任を要請され、それを受諾した。当時の内務長官ケイレブ・ブラッド・スミスは職務にほとんど関心を示さず、アッシャーは大部分の権限を委任されていた。そして1862年12月にスミスが内務長官を辞任すると、アッシャーは1863年1月に後任の内務長官に昇任した。

アッシャーは内務長官を1863年から1865年まで務めた。アッシャーは温厚で温和で礼儀正しく、控えめな長官として知られた。1865年4月にリンカーン大統領が暗殺され、後任の大統領にアンドリュー・ジョンソンが着任すると、アッシャーは間もなく内務長官を辞任した。

内務長官退任後、アッシャーはカンザス・パシフィック鉄道の首席顧問に就任し、1880年まで務めた。また1879年から1881年までカンザス州ローレンスの市長を務めた。

1889年4月13日、アッシャーはペンシルベニア州フィラデルフィアの大学病院において、癌で死去した。アッシャーの遺体はカンザス州ローレンスのオークヒル墓地に埋葬された。

家族[編集]

ジョン・パーマー・アッシャーの父親はイングランドからの移民の子孫ナサニエル・アッシャー (Nathaniel Usher, 1786-1865)、母親は同じくイングランドからの移民の子孫リディア・ベイカー (Lydia Baker, 1791-1870) であった。

1844年1月26日、アッシャーはアイルランドからの移民の娘マーガレット・パターソン (Margaret Patterson, 1818-????) と結婚した。2人の間には以下の子供が生まれた。

  1. アーサー・パターソン・アッシャー (Arthur Patterson Usher, 1846-????)
  2. ジョン・パーマー・アッシャー (John Palmer Usher, 1849-????)
  3. リントン・J・アッシャー (Linton J. Usher, 1852-????)
  4. サミュエル・チェンバーズ・アッシャー (Samuel Chambers Usher, 1855-????)

外部リンク[編集]

公職
先代:
ケイレブ・ブラッド・スミス
アメリカ合衆国内務長官
1863年1月1日 - 1865年5月15日
次代:
ジェイムズ・ハーラン