ジュリアス・アルバート・クルーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュリアス・アルバート・クルーグ

ジュリアス・アルバート・クルーグJulius Albert Krug1907年11月3日 - 1970年3月26日)は、アメリカ合衆国技術者実業家政治家である。第34代内務長官を務めた。

生涯[編集]

ウィスコンシン州マディソン出身。父はジュリアス・クルーグ(Julius Krug)。1925年、マディソン中央高校を卒業。1929年、ウィスコンシン大学マディソン校を卒業。テネシー川流域開発公社の主任パワー・エンジニアを務めた。

1941年、クルーグは生産管理局の動力部門主任に昇進した。第二次世界大戦勃発後に、同局は軍需生産委員会となった。1943年、クルーグは戦時公益事業局(Office of War Utilities)長官に昇進した。

1944年4月、クルーグは海軍に入った。同年8月、戦時生産委員会の議長に就任し、1945年11月の委員会解散まで務めた。1946年2月26日、ハロルド・イッキーズ(Harold L. Ickes)の後任の内務長官として大統領トルーマンから指名を受け、3月18日に就任した。

1946年、製材業者らがワシントン州内の広大な森林を伐採しようとしたとき、これに反対した。同年、全米炭鉱労働組合による全国規模のストライキを終わらせるため、ジョン・L・ルイスや鉱山所有者らとの間の交渉を主導したが、不首尾に終わった。

クルーグは内務長官を辞した後、公益事業コンサルタントに転じた。また、ブルックサイド・ミルズ社の重役会の議長として勤務し、テネシー州ノックスヴィルでヴォランティア・アスファルト社を共同で設立した。

1970年、ノックスヴィルで死去。62歳。亡骸はアーリントン国立墓地に埋葬された。

略年表[編集]

  • 1907年 出生
  • 1925年 マディソン中央高校を卒業
  • 1929年 ウィスコンシン大学マディソン校を卒業
  • 1943年 - 1944年 戦時生産委員会副議長
  • 1944年 - 1945年 戦時生産委員会議長
  • 1946年 - 1949年 内務長官
  • 1946年 - 1947年 炭鉱管理者
  • 1970年 死去

外部リンク[編集]

公職
先代:
ハロルド・イッキーズ
アメリカ合衆国内務長官
1946年3月18日 - 1949年12月1日
次代:
オスカー・チャップマン