グレゴリー・イッツェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレゴリー・イッツェン
Gregory Itzin
本名 Gregory Martin Itzin
生年月日 1948年4月20日(66歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントンD.C.
職業 俳優
活動期間 1979年 - 活動中
公式サイト gregorymartinitzin.com

グレゴリー・マーティン・イッツェンGregory Martin Itzin1948年4月20日 - )は、アメリカ合衆国俳優である。

略歴[編集]

生い立ち[編集]

エヴリン・ロレッタ(旧姓スミス)とマーティン・ジョセフ・イッツェンの息子としてワシントンD.C.で生まれる[1]。六年生の時にウィスコンシン州バーリントンに引っ越し、そこで彼の父は市長を務めた。自ら俳優になることを志し、サンフランシスコアメリカン・コンサーバトリー・シアター英語版で訓練を受け、多くの舞台に出演した。

キャリア[編集]

人気テレビドラマ『24 -TWENTY FOUR-』のチャールズ・ローガン大統領役で有名である。2005年の第4シーズンでチャールズ・ローガンを演じ、翌2006年開始の第5シーズンでは同役でレギュラー出演を果たし、エミー賞や全米映画俳優組合賞アンサンブル賞にノミネートされた。

また、ピューリッツァー賞受賞の舞台The Kentucky Cycleに出演し、その演技でトニー賞にノミネートされた。1970年代からテレビシリーズに出演し始める。

1980年、映画『フライング・ハイ』では宗教盲信者#1の役で、映画の最初のセリフを任された(最初のワンシーンのみですぐ消える)。

2005年、『24 -TWENTY FOUR-』第4シーズン途中より、アメリカ合衆国副大統領チャールズ・ローガン役でレギュラーとなる。 チャールズ・ローガンは後にアメリカ合衆国大統領となる。この役でエミー賞の助演男優賞にノミネートされた。彼は以前に第2シーズンのオーディションを受けており、プロデューサーの一人を知っていたので、オーディションを受ける必要はなかったという。[2] シーズン6では4つのエピソードに出演した。 シーズン8ではアリソン・テイラー大統領のもとで、ロシア政府への秘密工作を行う役で出演した。[3]この年にもエミー賞にノミネートされた[4]。皮肉なことに、この役の前にチーズのCMで、チーズが好きではないため、"doofus"と判断された大統領候補も演じた。

2008年、『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』のシーズン2最終話にゲスト出演している。『24』とは違い、ヒロインが恋する男の子の父親としてコミカルに演じている。

私生活[編集]

アーティストの妻(1979年結婚)、息子(1986年生まれ)、娘(1983年生まれ)と一緒にロサンゼルスで暮らしている。

"Ten Guys From Italy"と呼ばれるエンターテインメント・リーグ・チームでソフトボールをやっていた。チームメイトには俳優のマイケル・キートンケヴィン・ニーロンジェフ・ドーセット英語版、長編映画監督ボブ・ローガン、エド·ソロモン、テレビプロデューサーのスティーブン·ピーターマンなどがいる。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1984 ハード・ツー・ホールド
Hard to Hold
オーウェン
1985 ティーン・ウルフ
Teen Wolf
英語教師
1989 恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ
The Fabulous Baker Boys
ヴィンス・ナンシー
晩秋
Dad
ラルフ
1995 ケイティ
Born to Be Wild
ウォルター
1998 ラスベガスをやっつけろ
Fear and Loathing in Las Vegas
ミント・ホテルのホテルマン
1999 ユニコーン・キラーを追え
The Hunt for the Unicorn Killer
アーレン・スペクター テレビ映画
雪のビッグ・ウェーブ
Johnny Tsunami
プリチャード校長 テレビ映画
2001 エボリューション
Evolution
カートライト
ポワゾン
Original Sin
ワース大佐
2002 ブロンド・ライフ
Life or Something Like It
デニス
17歳の処方箋
Igby Goes Down
クレジットなし
アダプテーション
Adaptation.
検察官
2009 完全なる報復
Law Abiding Citizen
イゴール
2011 チェンジ・アップ/オレはどっちで、アイツもどっち!?
The Change-Up
フレミング・スティール
スーパー・チューズデー ~正義を売った日~
The Ides of March
ジャック

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
1987-1994 L.A.ロー 七人の弁護士
L.A. Law
ジャック・アンジェレッティ 3エピソード
1989 The Nutt House デニス 10エピソード
1991 バード事件簿
Gabriel's Fire
エヴァン・スタール 1エピソード
1993 タイムマシーンにお願い
Quantum Leap
フィリップス 1エピソード
1993,1998 スタートレック:ディープ・スペース・ナイン
Star Trek: Deep Space Nine
別々の役で2エピソード
1994 ピケット・フェンス
Picket Fences
マイケル・クレイマー 2エピソード
1994-1995 Something Wilder ジャック・トラヴィス 15エピソード
1995-1996 マーダー・ワン
Murder One
ロジャー・ガーフィールド 17エピソード
1996 ER緊急救命室
ER
Burn Doctor 1エピソード
シカゴ・ホープ
Chicago Hope
カイル・ミッチェル 1エピソード
1997-1998 犯罪捜査官ネイビーファイル
JAG
ローレンス・カルバートソン 2エピソード
1998 ブルック・シールズのハロー!スーザン
Suddenly Susan
ボブ 1エピソード
1997-2003 ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル
The Practice
異なる役で5エピソード
1999 V.I.P.
V.I.P.
ロニー・ビーマン 1エピソード
サンフランシスコの空の下
Party of Five
学校の精神科医 2エピソード
2000 プロファイラー/犯罪心理分析官
Profiler
ジョエル・マークス 6エピソード
スタートレック:ヴォイジャー
Star Trek: Voyager
Dr. Dysek 1エピソード
2000-2001 Strip Mall セルゲイ 22エピソード
2001 CSI:科学捜査班
CSI: Crime Scene Investigation
ノーマン・スターリング 1エピソード
2002 ザ・ホワイトハウス
The West Wing
State Dept. Representative 1エピソード
ファイヤーフライ 宇宙大戦争
Firefly
Magistrate Higgins 1エピソード
NYPDブルー
NYPD Blue
マーティン・ウォルシュ 1エピソード
2002,2004 フレンズ
Friends
セオドア・ハニガン 2エピソード
2003 FBI 失踪者を追え!
Without a Trace
シドニーの同僚 1エピソード
弁護士ジャック・ターナー
The Lyon's Den
トーマス 1エピソード
NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班
NCIS: Naval Criminal Investigative Service
FBI長官 2エピソード
2004 M.I. 緊急医療捜査班
Medical Investigation
ハワード・ローソン 1エピソード
The OC
The O.C.
スティーブン 1エピソード
2005 女検死医ジョーダン
Crossing Jordan
アンドリュー・ヘルム 1エピソード
ボストン・リーガル
Boston Legal
トッド・ミルケン 2エピソード
スタートレック:エンタープライズ
Star Trek: Enterprise
ブラック提督 1エピソード
2005-2010 24 -TWENTY FOUR-
24
チャールズ・ローガン 44エピソード
2008 ミディアム 霊能者アリソン・デュボア
Medium
ジェド・ギャリティ 1エピソード
シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ
Hannah Montana
ウィリアム・ハリス エピソード
2008-2012 ザ・メンタリスト
The Mentalist
ヴァージル・ミネリ 15エピソード
2011 ビッグ・ラブ
Big Love
ドワイヤー 9エピソード
デスパレートな妻たち
Desperate Housewives
ディック・バロウズ 2エピソード
2010-2013 コバート・アフェア
Covert Affairs
ヘンリー・ウィルコックス 15エピソード

参考文献[編集]

外部リンク[編集]