グロリア・ルーベン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グロリア・ルーベン
Gloria Reuben
Gloria Reuben
生年月日 1964年6月9日(50歳)
出生地 オンタリオ州トロント
国籍 カナダの旗 カナダ
民族 ジャマイカ系カナダ人
ジャンル 映画・テレビ(女優製作)・歌手
活動期間 1988年 -

グロリア・ルーベンGloria Reuben, 1964年6月9日 - )は、カナダ出身の女優

略歴[編集]

オンタリオ州トロント出身。身長171cm。父親は白人、母親はジャマイカ系[1][2]

幼い頃よりピアノバレエジャズを習いカナダの演劇学校に入学。その後、カナダでモデルとしてキャリアを積む。1988年ロサンゼルスに移って女優業を開始、映画テレビに出演する。主な出演映画は『ニック・オブ・タイム』、『ホミサイド/殺人捜査課』。テレビ日本でも放映された『ER緊急救命室』が有名である。『ER緊急救命室』ではエミー賞ゴールデングローブ賞助演女優賞にノミネートされ、「Viewers for Quality Television Awards(概略:アメリカのテレビ視聴者の投票による賞)」では1997年1998年と2年連続で助演女優賞を受賞している。その後、『CIA:ザ・エージェンシー』、『ミッシング -サイキック捜査官-」に出演。女優業のほか、ティナ・ターナーのツアーに参加するなど、歌手としての活動も行っている。 

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年
放映年
邦題
原題
役名 備考
1989 この愛の行方
Immediate Family
看護師
1991 新・蘭の女/ブルームービー・ブルー
Wild Orchid II: Two Shades of Blue
セレステ
1992 刑事ジョン・ケイン/影なき殺人者
Shadowhunter
カイラ テレビ映画
ノックアウト
Percy & Thunder
スザンナ テレビ映画
1994 タイムコップ
Timecop
サラ・フィールディング
遺留品
Dead Air
ジュディ テレビ映画
1995 ニック・オブ・タイム
Nick of Time
クリスタ・ブルック
1998 濡衣
Indiscreet
エヴァ・ドッド テレビ映画
2000 シャフト
Shaft
クレジットなし
生存者
Sole Survivor
ローズ・タッカー テレビ映画
2006 ザ・センチネル/陰謀の星条旗
The Sentinel
メリウェザー夫人
2011 警察署長 ジェッシイ・ストーン 奪われた純真
Jesse Stone: Innocents Lost
セルマ テレビ映画
2012 警察署長 ジェッシイ・ストーン 消された疑惑
Jesse Stone: Benefit of the Doubt
セルマ テレビ映画
リンカーン
Lincoln
エリザベス・ケックリー
2013 アドミッション -親たちの入学試験-
Admission
コリーヌ

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
1995 ホミサイド
Homicide: Life on the Street
テレサ・ウォーカー捜査官 3エピソード
1995-2008 ER緊急救命室
ER
ジェニー・ブレ 102エピソード
2001-2002 CIA:ザ・エージェンシー
The Agency
リサ・ファブリッツィ エピソード
2003-2004 ミッシング -サイキック捜査官-
1-800-Missing
ブルック・ハズレット 18エピソード
2005 NUMBERS 天才数学者の事件ファイル
Numb3rs
エリカ・クインビー 第1シーズンの1エピソード
2007-2011 LAW & ORDER:性犯罪特捜班
Law & Order: Special Victims Unit
クリスティン・ダニエルソン 3エピソード
2008-2009 レイジング・ザ・バー 熱血弁護人
Raising the Bar
ロザリンド・ホイットマン 25エピソード
2010 私はラブ・リーガル
Drop Dead Diva
キャシー・ミラー教授 1エピソード

参照[編集]

  1. ^ Gloria!”. Chatelaine (1999年3月). 2010年8月18日閲覧。 “Unfortunately, the interracial Jamaican family – her father was white, her mother black – was a conspicuous addition to the very white, very conservative community. "The realities of being a mulatto kid in London or Scarberia weren't always easy," says Reuben's half-brother Denis Simpson...”
  2. ^ Williams, Kam (2008年8月28日). “GLORIA REUBEN: The Raising the Bar Interview with Kam Williams”. The Sly Fox Film Reviews. 2008年9月14日閲覧。 “At 18, she won the Miss Black Ontario beauty pageant, although the crown did not come without controversy, as some people questioned whether she was deserving because one of her parents was white.”

外部リンク[編集]