続・激突!/カージャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
続・激突! カージャック
The Sugarland Express
監督 スティーヴン・スピルバーグ
脚本 ハル・バーウッド
マシュー・ロビンス
原案 スティーヴン・スピルバーグ
ハル・バーウッド
マシュー・ロビンス
製作 デイヴィッド・ブラウン
リチャード・D・ザナック
出演者 ゴールディ・ホーン
ウィリアム・アザートン
マイケル・サックス
ベン・ジョンソン
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 ヴィルモス・スィグモンド
編集 エドワード・M・アブロムス
ヴァーナ・フィールズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル
日本の旗 ユニバーサル/CIC
公開 アメリカ合衆国の旗 1974年4月5日
日本の旗 1974年6月8日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $7,500,000[1]
テンプレートを表示

続・激突!/カージャック』(ぞく げきとつ カージャック、The Sugarland Express)は、1974年アメリカ映画スティーヴン・スピルバーグの初の劇場作品であり、実話に基づいた作品である。

日本では、あたかも1971年に制作された『激突!』の続編を思わせるよう、『続・激突! カージャック』とタイトルを変えて公開されたのだが、本作と『激突!』には何の関連もない。大林宣彦も「日本タイトルが酷い」と述べている[2]

あらすじ[編集]

ルー・ジーン・ポプリンは、テキサス州立刑務所に収監されている夫、クロヴィス・マイケル・ポプリンに面会し、脱走をもちかけた。福祉局によって里子へ出された子供を奪還するため、共にシュガーランドへ向かおうというのだ。

計画に乗り気ではなかったクロヴィスだが、感情的なルー・ジーンに押しきられ、渋々ながらも脱走は成功。まんまと老夫婦の車へ同乗した。当初は無難にシュガーランドへ向かう様子だったが、車は些細な交通違反でハイウェイ・ポリスに止められてしまう。それでもルー・ジーンによって場当たり的に状況を切りぬけた結果、若い巡査、マックスウェル・スライドを人質にパトカーを奪い、追跡をかわしながら目的を果たして国境を越えるという300マイルの大逃走劇へと発展してしまった。

無線を聞きつけたテキサス中から、パトカー、そして報道陣が次々と追跡に加わり、やがて弥次馬をまき込んで車の数はみるみる膨れあがる。さらには沿道にルー・ジーン夫婦を応援する観衆が集まり、道中は大混乱。そうした中でルー・ジーン夫婦とスライド巡査との間に情が芽生え、追跡を先導するタナー警部までもが夫婦へ微妙な感情を抱き始める。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
DVD TV
ルー・ジーン・ポプリン ゴールディ・ホーン 引田有美 藤田淑子
クロヴィス・マイケル・ポプリン ウィリアム・アザートン 後藤敦 安原義人
マックスウェル・スライド巡査 マイケル・サックス 清水明彦
ハーリン・タナー警部 ベン・ジョンソン 有本欽隆
アーニー・マッシュバーン巡査 グレゴリー・ウォルコット 水野龍司
ジェサップ巡査 スティーヴ・カナリー 坂口候一
ルービー夫人 ルイーズ・ラザム MAI

実話[編集]

  • 本作は1969年5月にテキサス州で発生した実話を基に製作されている。アイラ・ファー・デントは実母に引き取られた息子を取り戻すため、州立の農場刑務所に収監されていた夫のロバート・デントを脱走させ、途中、交通警官のケニス・クローンごとパトカーを乗っ取ってしまう。彼らはパトカーで、ポート・アーサーやヒューストンを通過し、実母の家のあるウィーロックを目指すが、騒ぎを聞きつけたテレビ局のバンやヘリコプターを従えて隊列を組みながら、ゆっくりと進んでいった。最終的にウィーロックの実母宅に到着するものの、この場所で待ち伏せしていたFBIにロバートは射殺されてしまう。人質のクローンは無傷であった。アイラは逮捕され、5ヶ月間刑務所に収監された後に釈放され、1992年に亡くなった。人質となった警官のケニス・クローンは、映画のアドバイザーとして本作品の製作に参加し、劇中にも副保安官役で登場している。
  • なお余談ではあるが、1977年10月15日長崎放送において本作が放映されていたが、折りしもこの時に長崎バスジャック事件が発生、放送が中断し、本物のバスジャック中継が行われる偶然が発生した。

脚注[編集]

  1. ^ The Sugarland Express (1974)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月5日閲覧。
  2. ^ 『大林宣彦の映画談議大全《転校生》読本 ジョン・ウェインも、阪東妻三郎も、… 1980-2008 a movie』 角川グループパブリッシング2008年、337頁。ISBN 978-4-04-621169-9

外部リンク[編集]