アカデミー短編映画賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アカデミー賞 > アカデミー短編映画賞

アカデミー短編映画賞 (あかでみーたんぺんえいがしょう、Academy Award for Best Live Action Short Film)は、アカデミー賞のいち部門。

その年のアメリカで上映された最も優れた短編映画にこの名誉が与えられる。 第5回から始まり、第5回から第8回までは、「短編コメディ」と「短編ノベルティ」の2部門に分かれており、それぞれ3本ずつ候補作が選ばれていた。第9回と第10回では、「短編カラー」と「短編一巻」と「短編二巻」の3部門に分かれていたが、第11回から第29回までは、「短編カラー」がなくなり「短編一巻」と「短編二巻」の2部門になり、第30回からは一本化されて選ぶようになった。

ノミネート条件[編集]

短編映画賞へのノミネートについては、通常のアカデミー賞へのノミネート条件以外に追加条件がある。

  • 作品の長さは40分未満。
  • 上映はロサンゼルスもしくはニューヨーク・マンハッタン地区のどちらかで行われればよい。
  • 上映は1日1回行えばよい。
  • テレビ放映・インターネット配信が禁止されるのは「公開初日から起算して60日間」。

受賞一覧[編集]

1930年代[編集]

1940年代[編集]

  • 短編二巻 Teddy, the Rough Rider - ワーナー・ブラザーズ
    • Eyes of the Navy - メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
    • Service with the Colors - ワーナー・ブラザーズ
  • 1941年(第14回)
  • 短編一巻 Of Pups and Puzzles - メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
    • Army Champions - メトロ・ゴールドウィン・メイヤー - Pete Smith
    • Beauty and the Beach - パラマウント映画
    • Down on the Farm - パラマウント映画
    • Forty Boys and a Song - ワーナー・ブラザーズ
    • Kings of the Turf - ワーナー・ブラザーズ
    • Sagebrush and Silver - 20世紀フォックス
  • 短編二巻 Main Street on the March! - メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
    • Alive in the Deep - Woodward Productions
    • Forbidden Passage - メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
    • 巴里の歓び - ワーナー・ブラザーズ
    • The Tanks Are Coming - ワーナー・ブラザーズ
  • 短編二巻 Beyond the Line of Duty - ワーナー・ブラザーズ
    • Don't Talk - メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
    • Private Smith of the U.S.A. - RKO

1950年代[編集]

1960年代[編集]

  • 1966年(39回) Wild Wings - British Transport Films - Edgar Anstey
    • Turkey the Bridge - Derek Williams
    • The Winning Strain - Leslie Winik

1970年代[編集]

  • 1971年(44回) Sentinels of Silence - Manuel Arango、Robert Amram
    • Good Morning - Denny Evans、Ken Greenwald
    • The Rehearsal - Stephen F. Verona
  • 1973年(46回) The Bolero - Allan Miller、William Fertik
    • Clockmaker - Richard Gayer
    • Life Times Nine - Pen Densham、John Watson
  • 1975年(48回) Angel and Big Joe - Bert Salzman
    • Conquest of Light - Louis Marcus
    • Dawn Flight - Lawrence M. Lansburgh、Brian Lansburgh
    • A Day in the Life of Bonnie Consolo - Barry Spinello
    • Doubletalk - Alan Beattie

1980年代[編集]

  • 1981年(54回) Violet - Paul Kemp、Shelley Levinson
    • Couples and Robbers - Christine Oestreicher
    • First Winter - John N. Smith
  • 1989年(62回) Work Experience - James Hendrie
    • Amazon Diary - Robert Nixon
    • The Childeater - Jonathan Tammuz

1990年代[編集]

  • 1994年(67回) この年は2つの作品が同時受賞した

2000年代[編集]

  • 2006年(79回) ウェストバンク・ストーリー - Ari Sandel
    • 一人多い - Borja Cobeaga
    • Helmer & Son - Søren Pilmark、Kim Magnusson
    • The Saviour - Peter Templeman、Stuart Parkyn
    • ちいさなビンタ - Javier Fesser、Luis Manso
  • 2008年(81回) おもちゃの国 - Jochen Alexander Freydank
    • Auf der Strecke (On the Line) - Reto Caffi
    • Manon on the Asphalt – Elizabeth Marre、Olivier Pont
    • New Boy - Steph Green、Tamara Anghie
    • The Pig (Grisen) - Tivi Magnusson、Dorte Høgh

2010年代[編集]

出典および外部リンク[編集]