ピエール・エテックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピエール・エテックス
Pierre Étaix
生年月日 1928年11月23日(85歳)
出生地 ロアンヌ
国籍 フランスの旗 フランス
配偶者 アニー・フラテリニ

ピエール・エテックスPierre Étaix-エテとも、1928年11月23日 ロアンヌ - )は、フランス俳優映画監督、イラストレーター。

ギャグマンイラストレーター、俳優、道化師と、多彩な才能を発揮。第18回カンヌ国際映画祭1965年)に出品され、当時ゴダールが絶賛した監督・主演作『ヨーヨー』が、第60回カンヌ国際映画祭2007年)カンヌ・クラシックスで修復版として公開された。

来歴・人物[編集]

1928年11月23日ロワール県ロアンヌで生まれる。

5歳のとき観に行ったサーカスで道化師に魅せられ、成長してミュージック・ホールやキャバレーで道化師として働く。

ジャック・タチのスタッフとなり、タチ映画の一連の非常に洗練されたポスターを担当した。また『ぼくの伯父さん』(1958年)では助監督に起用され、出演もした。エテックスは、アメリカ式バーレスクに近いタチ世界を、徹底的なギャグで念入りにつくりあげた。実際、バスター・キートンハロルド・ロイドやその他無声映画の喜劇王たちに対して、真の信仰を誓っている[1]。また、ジャン=クロード・カリエールがノベライゼーションした、『ぼくの伯父さんの休暇』『ぼくの伯父さん』のイラストも担当した。

1961年、短編映画『Rupture』(仲たがい)で監督デビュー。エテックスと共同で脚本を執筆したジャン=クロード・カリエールも、本作で脚本家デビューした。この短編は、カリエールが、初の長編映画『小間使の日記』(1963年)の共同脚本としてルイス・ブニュエルに抜擢されるきっかけとなった。続いて、製作した短編『幸福な結婚記念日』(監督・脚本・主演)で、アカデミー賞短編映画賞を受賞。

続けて、『女はコワイです』(1962年)そして『ヨーヨー』(1964年、いずれも共同脚本はカリエール)を製作。憂鬱に彩られたエテックスのユーモアは、彼が愛するサーカスの世界に向けての、力強いオマージュとなっている[1]

舞台空間の支配者であるかのようなエテックス作品は、絶えず進化するギャグにより、フランスのバーレスクの代表的存在となった[1]

1986年ラ・ヴィレットオムニマックスのための最初の作品の演出をオファーされる(『J'écris dans l'espace(私は宇宙で書く)』)。だが、この作品の失敗により、エテックスは映画に対する情熱を失った。また、俳優コリューシュColuche)のための映画も企画していたが、彼の早世により企画は頓挫し、この出来事もエテックスを落胆させた[1]

サーカス芸人で女優の、アニー・フラテリニと結婚し(1997年7月1日死別)、彼女とともにアニー・フラテリニサーカス学校を設立[1]

フェデリコ・フェリーニの晩年のドキュメンタリー作品『フェリーニの道化師』にも、本人役で出演している。

フィルモグラフィー[編集]

監督[編集]

出演[編集]

翻訳本[編集]

参考書籍[編集]

  • Le métier de Pierre Étaix, René Marx, 1994年, Éditions Henri Berger

[編集]

  1. ^ a b c d e 仏語版Wikipedia Pierre Étaixの項の記述より。

外部リンク[編集]