ジャック=イヴ・クストー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック=イヴ・クストー(1976年撮影)

ジャック=イヴ・クストー(Jacques-Yves Cousteau, 1910年6月11日 - 1997年6月25日)は、フランスの海洋学者

1930年フランス海軍に参加。潜水用の呼吸装置スクーバ(商品名:アクアラング)の発明者の一人として知られる。水中考古学を始めた人物でもある。

調査船カリプソ号で海やそこに住む生物の研究を行う一方、それを書籍、記録映画にして一般への啓蒙活動も行った。 深海を扱ったドキュメンタリー映画沈黙の世界』(1956年ルイ・マルとの共同監督)はカンヌ国際映画祭で最高の栄誉であるパルムドールを受賞した。日本では、1970年代から1980年代にかけてのテレビドキュメンタリー番組驚異の世界・ノンフィクションアワー』(日本テレビ系列)で放送された、自身も出演する『クストーの海底世界』シリーズでつとに知られる。

1957年、海軍大佐で海軍を退役し、モナコ海洋博物館長に就任。1959年海の国連と呼ばれる世界水中連盟CMASを創設。 1992年の地球サミットで環境破壊・海洋汚染を警告し、母国フランス核実験再開を激しく批判。

赤いニット帽がトレードマーク。「海の恋人」と呼ばれていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前任:
エミール・リットレ
アカデミー・フランセーズ
席次17

第18代:1988年 - 1997年
後任:
ガストン・パリ