悲しみのミルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
悲しみのミルク
La teta asustada
監督 クラウディア・リョサ
脚本 クラウディア・リョサ
製作 アントニオ・チャバリアス
ホセ・マリア・モラレス
クラウディア・リョサ
音楽 セルマ・ムタル
撮影 ナターシャ・ブライエ
編集 フランク・グティエレス
配給 日本の旗 東風
公開 ドイツの旗 2009年2月12日BIFF
スペインの旗 2009年2月13日
ペルーの旗 2009年3月12日
日本の旗 2011年4月2日
上映時間 97分
製作国 ペルーの旗 ペルー
スペインの旗 スペイン
言語 スペイン語
ケチュア語
テンプレートを表示

悲しみのミルク』(スペイン語: La teta asustada英語: The Milk of Sorrow)は、2009年のペルーの映画作品である。第59回ベルリン国際映画祭では金熊賞を受賞し、更に同年のアカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされた。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

映画賞受賞・ノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 候補 結果
ベルリン国際映画祭 金熊賞[1] クラウディア・リョサ 受賞
国際批評家連盟賞 クラウディア・リョサ
アカデミー賞 外国語映画賞 ペルーの旗 ペルー ノミネート
ゴヤ賞 スペイン語外国映画賞 クラウディア・リョサ ノミネート

参考文献[編集]

  1. ^ 2009 > Prize Winners”. ベルリン国際映画祭. 2011年4月30日閲覧。

外部リンク[編集]