ロイ・E・ディズニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロイ・E・ディズニー
ロイ・E・ディズニー
(2007年12月11日)
本名 ロイ・エドワード・ディズニー
生年月日 1930年1月10日
没年月日 2009年12月16日(満79歳没)
出生地 カリフォルニア州ロサンゼルス
死没地 カリフォルニア州ニューポートビーチ
職業 映画プロデューサー実業家
活動期間 1954年 - 2009年

ロイ・エドワード・ディズニー(Roy Edward Disney、1930年1月10日 - 2009年12月16日)は、アメリカ合衆国映画プロデューサー実業家ウォルト・ディズニー・カンパニー共同創業者ロイ・O・ディズニーの息子であり、ウォルト・ディズニーの甥。

ディズニー社の経営に活発にかかわったディズニー一族最後の人物で、父親と違い支配権を持つだけの株式はなかったが、経営陣からCEOを計2名追い出したことでも知られた(1984年にロン・ミラーを、2005年にマイケル・アイズナーを追放)。

生涯[編集]

カリフォルニア州ロサンゼルスで父ロイ・Oと母エドナ(旧姓フランシス)との間に生まれる。ポモナ・カレッジを1951年に卒業後、ウォルト・ディズニー・カンパニーに入社しドキュメンタリー映画『True-Life Adventures』のアシスタントディレクターとプロデューサーを務める。

1967年、取締役に選任される。1977年、会社決定に反対しディズニー社を辞職するが、取締役には留任する。1984年、ソール・スタインバーグによる会社乗っ取り合戦の最中に取締役を辞任する。それは社長兼CEOロン・ミラー(ウォルトの娘婿)の追放につながり、会長兼CEOにはマイケル・アイズナーが、社長兼COOにはフランク・ウェルズが就任した。ディズニーはその後会社に復帰し、取締役副会長兼アニメーション部門長に就任した。

1998年10月16日にはアイズナーからディズニー・レジェンド賞が贈られた。2000年には『ファンタジア』(1940年)の続編『ファンタジア2000』の製作総指揮を務める。

しかし2003年11月、CEOアイズナーとの対立が深刻化しディズニー社副会長職を辞任する。ディズニーはアイズナーの経営方針を批判し、アイズナーの追放や会社再建を目的としたウェブサイト SaveDisney.com を立ち上げた。アイズナーは2005年9月末に辞職し、後任としてロバート・アイガーがCEOに就任すると、サイトは閉鎖された。ディズニーは投票権のない名誉取締役兼顧問としてディズニー社に復帰した。

2009年12月16日、胃癌のためカリフォルニア州ニューポートビーチの病院で亡くなった[1]。79歳。遺体は火葬に付され、海に散骨された。

関連[編集]

  • ビバ!マジック - 東京ディズニーランド15周年のスペシャルショー。ショーの冒頭でロイ・E・ディズニーの音声が流れる。
  • 東京ディズニーシー - 2001年9月4日開業(グランドオープン)のセレモニーでスピーチを行っている。

脚注・出典[編集]

  1. ^ James Bates and Dawn C. Chmielewski. “Roy Edward Disney dies at 79; nephew of Walt helped revive animation”. ロサンゼルス・タイムズ. 2009年12月16日閲覧。

外部リンク[編集]