ルーカスフィルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルーカスフィルムLucasfilm Limited、LFL)は、1971年ジョージ・ルーカスが設立した映像製作会社である。

概要[編集]

本社はカリフォルニア州マリンカウンティにあるスカイウォーカーランチ内に設置されている。この会社は『スター・ウォーズ・シリーズ』、『インディ・ジョーンズ』シリーズや『アメリカン・グラフィティ』などの映画製作を行っている。また、映画の特殊効果(CGI、音響)に優れた能力を持っていることで有名。多くの他社作品を手がけている。

2005年には、マーケティング、オンライン、ライセンシング部門がレターマン・デジタル・アーツセンターに移動した。

岐阜県高山市にある「留之助商店(オーナーはSFX著書で有名な中子真治)」にて、カンティーナの酒場で登場するエイリアン「フェルティパン・トレヴァッグ」の実物マスクが展示されている。なお、ルーカスフィルム関連の小道具が流出するのは非常に稀である。

2012年10月30日、ウォルト・ディズニーが現金と株式40億5000万ドル相当で買収することが発表された[1][2]。ルーカスは既に会社から身を引くことを表明しており、後任の社長として映画プロデューサーのキャスリーン・ケネディを指名している[3]。幼い頃からディズニーのファンだったと公言しているルーカスは「ディズニーは巨大な企業で、あらゆる能力や設備が整っている。今回の買収によりルーカスフィルムが得られる強さは大いにあるだろう」と語っている他、「自分が会社を去っても『スター・ウォーズ』は今後100年続く」とのこと[4]

サイト[編集]

会社[編集]

ルーカスフィルムの関連会社には、以下のものがある。

かつての傘下会社

製作作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "DISNEY TO ACQUIRE LUCASFILM LTD."(ウォルト・ディズニーによるプレス・リリース)
  2. ^ 「ディズニー、スター・ウォーズの『ルーカス』買収 15年にも新作上映」日本経済新聞、2012年10月31日、9時25分)
  3. ^ ディズニーがルーカスフィルムを買収” (2012年10月31日). 2012年11月2日閲覧。
  4. ^ ジョージ・ルーカス 『スター・ウォーズ』は「今後100年続く」” (2012年11月1日). 2012年11月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]