スター (衛星放送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スターSTAR Broadcasting Corporation、Satellite Television Asian Regionの略)は、香港を本拠とするアジア向けの衛星テレビサービスである。2001年、スターTV(STAR TV)から改称。中国語名は星空傳媒だが、一般には旧名衛星電視有限公司に由来する衛視として知られる。21世紀フォックス傘下。

スター台湾本社ロゴ

2008年現在、60チャンネルを有する巨大ネットワークに成長。香港のほか、インドオーストラリアにも番組送出拠点があり、各地域向けに編成・言語などローカライズを行い、AsiaSat 3S号機により、9言語・53カ国の3億人に向けて放送。1日当たり1億人が視聴しているとされる。

沿革[編集]

  • 1990年 - 香港の実業家・李沢楷(リチャード・リー)により設立。
  • 1991年 - AsiaSat 1号機により放送開始。当時はアナログ放送で5チャンネル(Prime Sports(リバティメディアとの合弁、現STAR Sports)、STAR Plus、BBC World Service、Chinese Channel(衛視中文台)、MTV ASIA(現Channel [V]))を配信。
  • 1993年 - ニューズ・コーポレーションが親会社となる(1995年完全子会社化)。
  • 1994年 - BBC配信停止(中華人民共和国政府の意向が働いたとされる)。MTVがChannel [V]にチャンネル名変更(バイアコムとのライセンス料交渉決裂による)。
  • 1996年 - デジタル放送開始。
  • 2001年 - サービス名を「スターTV」から「スター」に変更[1]
  • 2013年 - ニューズ・コーポレーションの分社化により、21世紀フォックスの傘下となる。

主なチャンネル[編集]

太字は公式ウェブサイトで地域名「Japan」を選択すると視聴可能と表示されるチャンネル。

日本での展開[編集]

2008年現在、日本は放送の対象エリアからは外れているが、巨大アンテナを設置することで受信可能ではある。公式ウェブサイトで地域名「Japan」を選択すると視聴可能と表示されるチャンネルは、主にインド向けチャンネルである。

放送開始当初は、日本の放送法による放送ではなかったため、これを受信することは無線通信の傍受に当たり、ケーブルテレビなどでの再送信は窃用になり、不可能であった。しかし、1994年の放送法改正により、郵政省(当時)が外国の通信衛星を利用した不特定多数向けの音声・映像配信サービスを「放送」に該当すると確認されたサービスと定義し、確認されたチャンネルについては受信・再送信が解禁された。

1995年4月19日、スターTVの4チャンネル(Prime Sports、Channel [V]、Chinese Channel、STAR Plus)が「放送」に該当すると確認された。翌1996年4月、STAR Plusの日本向け放送が開始、ジュピターテレコム傘下の一部ケーブルテレビ局などで再送信された。

1996年、ニューズ・コーポレーションによるJスカイB計画の一環として、ソフトバンクとの合弁でスカイエンターテイメント(現ジェイ・スポーツ・ブロードキャスティング)を設立、翌1997年よりパーフェクTV!(現スカパー!)でSTAR Plus(スタープラス/アジアTV)、Channel [V]、およびSTAR MOVIE(のちに「スカイ名画座」に変更)の放送が開始された(2000年3月末で放送終了)。

Channel [V]については、ニューズ・ブロードキャスティング・ジャパン(NBJ、現FOXインターナショナル・チャンネルズ)により、2002年1月まで放送が続けられたが、音楽専門チャンネルスペースシャワーTVを運営するスペースシャワーネットワークに事業を承継、同年3月末に放送終了した(同年4月よりスペースシャワーVideo Music Ch.(現ミュージックビデオ専門/VMC)が放送されている)。ちなみに、Channel [V]事業承継がNBJの会社分割の形を取ったことにより、NBJおよびスターTVの親会社であるニューズ・コーポレーションがスペースシャワーネットワーク株式の約10%を保有していた(2005年7月、スカイパーフェクト・コミュニケーションズ−現・スカパーJSATに売却)。

スペースシャワーTVはかつてChannel [V]の番組「Music Update Tokyo」を制作しており、スペースシャワーTVとChannel [V]のスタッフがアニメ専門チャンネルアニマックスの開局当初のブランディングを担当していた[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ スペースシャワーネットワーク、豪・ニューズコーポレーション傘下のChannel [V(チャンネル・ヴィ)グループと、日本での事業統合・戦略提携を発表。]

外部リンク[編集]