アンナと王様

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンナと王様
Anna and the King
監督 アンディ・テナント
脚本 スティーヴ・ミーアソン
ピーター・クリクス
製作 ローレンス・ベンダー
エド・エルバート
製作総指揮 テレンス・チャン
出演者 ジョディ・フォスター
チョウ・ユンファ
音楽 ジョージ・フェントン
撮影 キャレブ・デシャネル
編集 ロジャー・ボンデリ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年12月15日
日本の旗 2000年2月5日
上映時間 148分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $113,996,937[1]
テンプレートを表示

アンナと王様』(アンナとおうさま、Anna and the King)は、1999年アメリカ映画

この映画は1956年の『王様と私』の単なるリメイクではなく、マーガレット・ランドンが発表した『アンナとシャム王』(Anna and the King of Siam)の元になったアンナ・レオノーウェンズの手記『英国婦人家庭教師とシャム宮廷』(The English Governess at the Siamese Court)を原作に映画化された作品である。この映画にはミュージカルの部分は一切ない。王様を演じるのは香港映画界のスターであったチョウ・ユンファで、家庭教師のアンナを演じるのはジョディ・フォスターである。

あらすじ[編集]

シャムの近代化を目指すモンクット王に家庭教師として招かれ、一人息子を連れてバンコクにやってきたイギリス人女性(ただし、インドで生まれ育ち、イギリス本土を知らない)アンナは、多くの側室とその子供達からなる大家族と文化の違いに戸惑いながらも、国王の信頼を得るとともに、国王の人柄にも惹かれていく。

しかし、王の側室の一人タプティムが駆け落ち事件を起こし、姦通罪で死刑を宣告された。国王は恩赦を考えていたが、アンナから激しく抗議されたため、これで恩赦を与えれば、外国人の意見で判決を曲げたと受け取られかねず、やむなくタプティムとその恋人を処刑する。

この件で国王と対立したアンナは帰国を考えるようになる。その頃、モンクット王の目指す近代化をイギリスに祖国を売り渡す行為とみたアラク将軍は、王家打倒の陰謀をめぐらせており、アンナも陰謀に巻き込まれる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ東京
アンナ・レオノーウェンズ ジョディ・フォスター 高島雅羅 戸田恵子
モンクット王 チョウ・ユンファ 小川真司 田中秀幸
クララホム シード・アルウィ 藤本譲 佐々木梅治
アラク将軍 ランダル・ダグ・ギム 佐々木梅治 土師孝也
タプティム バイ・リン 松谷彼哉 魏涼子
ルイ トム・フェルトン 矢島晶子 戸田亜紀子
  • テレビ東京版 - 初放送2007年3月25日 『サンデーシネマスペシャル』

補足[編集]

本作は、舞台となった時代の衣服や装飾などを丹念に調べた上で製作された。また身分階級によるタイ語の使い分けも留意された。このため、アンナとラーマ4世を描いた作品の中では最も史実に忠実に描かれているという(映画パンフレットとレーザーディスク版の紹介文による)。しかし本作の制作後、アンナの著書自体に史実の改変があることが知られるようになった(王様と私#実際のレオノーウェンズとタイ国王を参照)。このこともあってか、『王様と私』同様、本作もタイでは上映されていない。

脚注[編集]

  1. ^ Anna and the King (1999)”. Box Office Mojo. 2009年10月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]