チョウ・ユンファ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
周潤發
チョウ・ユンファ
=チョウ・ユンファ
プロフィール
出生: 1955年5月18日(58歳)
出身地: 香港の旗 香港新界離島區南丫島
職業: 映画俳優
各種表記
繁体字 周潤發
簡体字 周润发
拼音 Jau Yeunfaat (広東語)
Zhōu Rùnfā (北京語)
ラテン字 Chow Yun-Fat
テンプレートを表示

チョウ・ユンファ周 潤發)は香港映画俳優

プロフィール[編集]

テレビスターになるまで[編集]

1955年香港新界離島區南丫島(ラマ島)で生まれる。実家は貧しく、高校を卒業すると家電工場に勤め、生計を立てる。

1973年、友人の勧めにより香港TVBの演劇学校に入る。1980年、TVB製作のテレビドラマ『上海灘』での演技が話題となり、テレビドラマの俳優としての地位を確立する。

映画界へ進出[編集]

その後、活躍の場を次第に映画にシフトし、1984年に『風の輝く朝に』でアジア映画祭主演男優賞を受賞。そして1986年の『男たちの挽歌』が大ヒットし、一躍スターとなる(同作品は第6回香港電影金像奨作品賞を受賞)。1986年~1987年の2年間は主演作が合計17本と、まさに「チョウ・ユンファ黄金期」であった。

「亜州影帝」の異名を持ち、尊敬を集め、一時期はアジア映画の帝王的存在に。愛称は「發仔」(ファッチャイ)。日本では顔立ちが似ていることから「香港の小林旭」と呼ばれている[1]

香港電影金像奨では、『男たちの挽歌』(1987年、第6回)、『友は風の彼方に』(1988年、第7回)、『過ぎゆく時の中で』(1990年、第9回)で最優秀主演男優賞を受賞している。また、金馬奨では、『風の輝く朝に』(1985年、第22回)、『誰かがあなたを愛してる』(1987年、第24回)で最優秀主演男優賞を受賞している。

国際派スターへの成長[編集]

B型肝炎との闘病などもあって1996年1997年の2年間は活動を休止し、翌1998年、『リプレイスメント・キラー』でハリウッド・デビューを果たす。ハードボイルドで硬派な役からコミカルな役柄まで難なくこなす、まさに稀代の俳優と言える。

中国の標準語である普通話が苦手で、映画『グリーン・デスティニー』では普通話の話者たちから「発音が酷くて何を言っているか全然分からない」と酷評された。

ただし、活動休止期間中にシンガポール人の妻と特訓した英語の発音はジャッキー・チェンよりも上手いようで、現在は中国大陸よりもハリウッドでの活動を重視している。

かつてコンビを組んできたジョン・ウー(呉宇森)監督の作品『レッドクリフ』について、契約のトラブルで降板することが発表された。このトラブルに関しては両者に意見の食い違いがある。同様にチャン・イーモウ(張芸謀)監督作品でも契約上のトラブルが発生したと言われ、チャン・イーモウ監督は彼とは二度と仕事をしないと宣言したとも伝えられる。[要出典]

また、香港撮影学會沙龍影友協會に所属するプロ写真家としての活動も、広く知られている。2009年3月には香港中央図書館展覧館で、香港撮影学會名誉会長との二人展「香港印象-黄貴権+周潤發撮影作品展」を開催し、2000年〜2008年に撮り溜めた白黒写真を展覧した。

出演作[編集]

映画[編集]

1980年代

1990年代

2000年代

2010年代

テレビドラマ[編集]

ゲーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『男たちの挽歌』(第1作)の日本公開時、宣伝資料などで「香港の小林旭」と紹介されたのがきっかけ。チョウ・ユンファ本人も小林旭のファンだと公言している。

外部リンク[編集]