ラーマ4世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラーマ4世
รัชกาลที่ ๔
シャム国王
Thomson, King Mongkut of Siam (crop).jpg
在位 1851年4月2日 - 1868年10月1日
戴冠 1851年4月2日、於大宮殿
別名 มงกุฎ
モンクット
鄭明(漢名)
王朝 チャクリー王朝
出生 1804年10月18日
シャムバンコク
死亡 1868年10月1日(満63歳没)
Flag of Thailand 1855.svg シャムバンコク
埋葬  
タイバンコク大宮殿
ラーマ2世
シースリエントラー
配偶者 ソームマナッサワッタナーワディー
(1851年)
テブシリン
(1851年-1861年)
パンナライ
(1861年-1869年)
居所 大宮殿
宗教 上座部仏教
親署 King Mongkut (Rama IV) of Siam Signature (English).svg

ウィキメディア・コモンズ ウィキメディア・コモンズには、ラーマ4世に関連するマルチメディアおよびカテゴリがあります。
テンプレートを表示

ラーマ4世タイ語: รัชกาลที่ ๔)は、チャクリー王朝の第4代のシャム国王タマユットニカーイ英語版の創設者。チョームクラオや、モンクットタイ語: มงกุฎ, ラテン文字転写: Mongkut)の名でも呼ばれる。ただし、ラーマ6世の名にもモンクットの語が登場するため注意を要する。

かつて発行されていた50バーツ紙幣に肖像が使用されていた。

生涯[編集]

父はラーマ2世、母はシースリエントラーSri Suriyendra)である。

元々は兄のラーマ3世よりも彼の方に王位継承権があったが、学業専念のために兄に王位を譲り、学問を続けた。即位までの27年間は出家して寺院に属し、経文の言語であるパーリ語サンスクリット語をマスターした。その中でタイの仏教のあり方に疑問を感じていた。

その後、キリスト教宣教師の手を借りて、英語ラテン語を学び、ルネサンスを通じて教義が合理化されたキリスト教に触れ、新時代の宗教は合理化されたものでなければならないと感じ、俗信を排除した仏教を建てた。このとき建てられた革新派の仏教集団をタマユットニカーイ英語版と言う。ラームカムヘーン大王碑文を発見した人物でもある。

即位後は、西洋との関係を重視し、イギリスからアンナ・レオノーウェンズ(Mrs. Anna Leonowens)を家庭教師に招き入れ、子弟に西洋の教育をさせた。このときのことは小説『アンナとシャム王モンクット英語版』に書かれているが、アンナに虚言癖があったため、全面的な信用はしない方がよいと言われる。この話は後に『王様と私』で劇作化、『アンナと王様』で映画化されたが、いずれもタイでは上映が禁止されている。

1854年にはへの朝貢を止め、トンブリー王朝以来つづいていた冊封体制から脱した。1855年にイギリスと通商貿易に関するボーリング条約英語版 (不平等条約) を締結。西洋と自由貿易を開始し、を輸出するようになった。このためタイの中央平原部に運河が多く建設され、米の増産がはかられた。現在においても米はタイの大きな輸出品目である。外国人の便宜を図るため、「ニューロード」(ジャルンクルン通り)を建設したりもした。また、62人の子を残したとされる。

登場作品[編集]

映画[編集]

関連項目[編集]

洋装のラーマ4世とチュラーロンコーン王子