ボビー・フィッシャーを探して

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボビー・フィッシャーを探して
Searching for Bobby Fischer
監督 スティーヴン・ザイリアン
脚本 スティーヴン・ザイリアン
製作 ウィリアム・ホーバーグ
スコット・ルーディン
製作総指揮 シドニー・ポラック
音楽 ジェームズ・ホーナー
撮影 コンラッド・L・ホール
編集 ウェイン・ワーマン
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1993年8月11日
日本の旗 1994年2月5日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $7,266,383[1]
テンプレートを表示

ボビー・フィッシャーを探して』(Searching for Bobby Fischer)は、1993年アメリカ映画。実在の天才少年チェスプレイヤーのジョシュ・ウェイツキンの父親フレッドが、ジョシュの生活を綴った本の映画化。感動の映画ベスト100の一つ。

キャスト[編集]

あらすじ[編集]

ボビー・フィッシャーとは、1970年代に米国人として初めてチェスの世界チャンピオンになった伝説的な天才である。奇行を繰り返し、80年代に行方不明となっていたが、人々は彼を忘れていなかった。

7才のジョシュ・ウェイツキンは、心の優しい野球好きの少年だったが、公園で男たちが競うストリート・チェスを見て、チェスの魅力に取り付かれた。ジョシュの並外れた才能に気づいた父親のフレッドは、かつてチェスの名手として知られたブルース・パンドルフィー二にコーチを依頼した。

ブルースはジョシュの中に、ボビー・フィッシャーと同じ才能を感じて、コーチを引き受けた。だが、チェスに没頭し、トップを競う日々は生活力を失わせ、人生を狂わせる危険性を孕んでいた。ブルースは、ジョシュが負け犬になることを恐れて、ボビー・フィッシャーのように芸術的なチェスの高みを目指させ、荒っぽいストリート・チェスの手法を禁じようとした。

ジョシュは父に連れられて国内各地のジュニア・トーナメントに出向き、連勝を続けて行った。だが、心優しいジョシュは、対戦相手を敵として憎むことができなかった。やがて強力なライバルが現れると、ジョシュはその存在に怯えて集中を欠き、格下の相手に敗退してしまった。

ライバルに勝てずに苦しむジョシュを見て、母親のボニーは夫フレッドを責めた。反省し、ジョシュにチェスを止めてもいいと話すフレッド。だが、ジョシュは諦めていなかった。一度は仲違いしたコーチのブルースとも和解したジョシュは、穏やかな心で全国大会に臨み、優勝を果たした。

出典[編集]

  1. ^ Searching for Bobby Fischer (1993)” (英語). Box Office Mojo. 2010年11月28日閲覧。

外部リンク[編集]