シビル・アクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シビル・アクション
A Civil Action
監督 スティーヴン・ザイリアン
脚本 スティーヴン・ザイリアン
原作 ジョナサン・ハー
製作 スコット・ルーディン
ロバート・レッドフォード
レイチェル・フェファー
製作総指揮 デイヴィッド・ウィスニエヴィッツ
スティーヴン・ザイリアン
出演者 ジョン・トラボルタ
ロバート・デュヴァル
音楽 ダニー・エルフマン
撮影 コンラッド・L・ホール
編集 ウェイン・ワーマン
製作会社 タッチストーン・ピクチャーズ
パラマウント映画
配給 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年12月25日
日本の旗 2000年2月5日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $60,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$56,709,981[2]
テンプレートを表示

シビル・アクション』(原題:A Civil Action)は、1998年制作のアメリカ合衆国の映画

1980年代マサチューセッツ州ウーバンで起きた環境汚染に対する損害賠償訴訟に関わった弁護士ジャン・シュリクマンの活動をまとめたジョナサン・ハー原作のノンフィクションを映画化。

ロバート・デュヴァル第5回全米映画俳優組合賞助演男優賞を受賞したほか、第71回アカデミー助演男優賞にノミネートされるなど高い評価を受けた。コンラッド・L・ホールアカデミー撮影賞にノミネートされた。

あらすじ[編集]

ボストンで弁護士を開業しているジャン・シュリクマンはある日、ラジオの生番組での法律相談コーナーにかかってきた電話の内容に興味を持つ。それは、ニューイングランドのある田舎町での大企業による環境汚染問題に関するものだった。

和解に持ち込んで多額の報酬を得ようと目論んだジャンはこの話に乗り、住民側の弁護人となって裁判を引き受ける。しかし、企業側の弁護人フェイチャーの狡猾な術中にはまり敗訴、私財も使い果たしてしまう。

絶望の中でジャンは金ではなく、正義と弁護士としての信念を取り戻し、自らのプライドをかけて再び法廷での闘いに挑むのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジャン・シュリクマン ジョン・トラボルタ 井上和彦
ジェローム・フェイチャー ロバート・デュヴァル 坂口芳貞
ケヴィン・コンウェイ トニー・シャルーブ 岩崎ひろし
ジェームズ・ゴードン ウィリアム・H・メイシー 納谷六朗
スキナー判事 ジョン・リスゴー 土師孝也
アン・アンダーソン キャスリーン・クインラン 野沢由香里
ジョン・ライリー ダン・ヘダヤ 廣田行生
アル・ラブ ジェームズ・ガンドルフィーニ 手塚秀彰
ビル・クロウリー ジェリコ・イヴァネク 大滝寛
ウィリアム・チーズマン ブルース・ノリス 家中宏
ニール ピーター・ジェイコブソン
キャシー メアリー・マラ 浜野ゆうき
ピンダー スティーヴン・フライ
リチャード デヴィッド・ソーントン
グレンジャー ダニエル・フォン・バーゲン
アル・ユースティス シドニー・ポラック 小山武宏
ラジオの野球アナウンサー トニー・ポープ
(声のみ)
バンクラプシー判事 キャシー・ベイツ
(クレジットなし)

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]