カール・ストラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・ストラス
Karl Struss
本名 Karl F. Struss
生年月日 1886年11月20日
没年月日 1981年12月16日(満95歳没)
出生地 ニューヨーク
死没地 サンタモニカ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

カール・F・ストラス(Karl F. Struss, 1886年11月20日 - 1981年12月16日)は、ドイツ系アメリカ人写真家映画撮影技師(映画カメラマン)。

略歴[編集]

コロンビア大学クラレンス・H・ホワイトに写真を学ぶ。1912年には、スティーグリッツフォト・セセッションに参加。「カメラ・ワーク」にも、その作品が掲載されている。当初は、ピクトリアリスム作品(特に「カメラ・ワーク」の作品)であったが、次第に、モダニズムの傾向が現出する。

1914年には、クラレンス・ホワイトのスタジオ(ニューヨーク)を引き継ぎ、商業写真家として活躍。特に、ヴォーグバニティ・フェアハーパース・バザー等のファッション雑誌に作品を掲載する。

その後、1919年には、ドイツ系であったこともあり、ニューヨークでの写真家としての活動を断念してハリウッドに移り、映画撮影技師(スチールカメラマン)に転身する。パラマウント社と契約するなど、戦後にかけて映画の撮影を行った。たとえば、『ジキル博士とハイド氏』、『ハエ男の恐怖』など。また、『独裁者』や『ライムライト』では、チャールズ・チャップリンとも仕事をしている。

上記『ジキル博士とハイド氏』では、1932年にアカデミー賞撮影賞にノミネートされた。

外部リンク[編集]