ヴィカス・スワラップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
VikasSwarup.jpg

ヴィカース・スワループ(Vikas Swarup、 विकास स्वरूप、1963年 - )は、インド外交官小説家イラーハーバード出身。

略歴[編集]

1986年からインドの外務省に勤務し、トルコアメリカ合衆国エチオピアイギリス南アフリカ共和国に赴任。2009年8月からは在大阪インド総領事館総領事として日本に赴任している。

2005年、『ぼくと1ルピーの神様』で小説家としてデビュー。本書は『スラムドッグ$ミリオネア』のタイトルで映画化され、アカデミー作品賞を受賞するなど、世界中で高い評価を得た。

作品リスト[編集]

  • ぼくと1ルピーの神様 Q & A (2005)
  • 6人の容疑者 Six Suspects (2008)

外部リンク[編集]