ロン・チェイニー・ジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロン・チェイニー・ジュニア
Lon Chaney Jr.
本名 Creighton Tull Chaney
生年月日 1906年2月10日
没年月日 1973年7月12日(満67歳没)
出生地 オクラホマ州オクラホマシティ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 Dorothy Hinckley (1928-1937)
Patsy Beck (1937-1973)

ロン・チェイニー・ジュニアLon Chaney Jr. 1906年2月10日 - 1973年7月12日)はアメリカ合衆国オクラホマ州出身の俳優。サイレント映画時代の俳優ロン・チェイニーの息子。1940年代狼男ミイラ男、フランケンシュタイン・モンスター、ドラキュラの4大モンスターをすべて演じ、怪奇のトップスターとして活躍した。特に狼男役が有名。

経歴[編集]

1906年、千の顔を持つ男と称された伝説的名優ロン・チェイニーの息子として生まれる。本人も俳優志望であったが、父の猛反対にあい、断念する。1930年に父チェイニーが死去した後に映画界入り、しばらくは主に脇役として過ごした。1939年に『廿日鼠と人間』で主役を射止め、頭の弱い大男レニー・スモールが当たり役となる。1941年に怪奇ホラーの名門ユニバーサル映画製作の『狼男』に狼男ローレンス・ダルボット役で主演した。タルボットは本来善良な人間だが、狼憑きに噛まれた為に満月の夜になると狼男に変身し殺人を犯してしまう。タルボットの苦悩と獣人の恐怖を演じて生涯の当たり役とした。映画もヒットし、当時既に老齢に達していた1930年代のスターであるボリス・カーロフベラ・ルゴシに代わり、一躍ホラー映画のトップスターとなった。

続いて『フランケンシュタインの幽霊』(1942年)で フランケンシュタイン・モンスター、『ミイラの墓場』(1942年)ミイラ男カリス、『夜の悪魔』(1943年)でドラキュラと、4大モンスターを次々演じた。『フランケンシュタインと狼男』(1943年)以降は、一作に複数のモンスターが同時に登場するようになった為、フランケンシュタイン・モンスターとドラキュラは一度で降板し、狼男とミイラ男を演じ続けた。結果的に1940年代には狼男を5度、ミイラ男を3度演じ、この時代を代表する怪奇スターとして活躍した。しかし、1930年代初頭からの怪奇ブームも、1940年代末には終焉を迎え、チェイニー・ジュニアもまたスターの座から降りる事となった。その影響からか『凸凹フランケンシュタインの巻 』の撮影終了1ヶ月後、自殺未遂事件を起こした。

その後も晩年までホラーや西部劇等に出演した。1950年代末には戦後の怪奇映画ブームが起きるが、大きな活躍を残すことはなかった。晩年はアルコール依存症に苦しんだとされる。1973年に心不全で死去。遺体は献体された[1]

巨体を利しての怪物役は迫力があったが、父親や、カーロフ、ルゴシのような風格・技量は恵まれなかったとの評価が一般的である。尚、『狼男』以降の作品の多くには「ジュニア」は外し「ロン・チェイニー」として出演している。現在は父親と区別するため、一般に「ジュニア」をつけて表記されている。

備考[編集]

上述のように1940年代が怪奇スターとしての全盛期であるが、第二次世界大戦と重なったため、代表作の多くが日本では劇場公開されなかった。モノクロ作品の為、テレビ放映もビデオ発売も少なかったが、現在ではDVDのリリースにより多くの作品の視聴が容易になった。

主な出演映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1932 南海の劫火
Bird of Paradise
ソーントン
1934 魔海の王者
Sixteen Fathoms Deep
ジョー
ある女の一生
The Life of Vergie Winters
ヒューゴ・マックイーン
1936 海底下の科学戦
Undersea Kingdom
Capt. Hakur
ローズボール
Rose Bowl
フットボール選手 クレジットなし
1937 国際探偵X9号
Secret Agent X-9
マローニ
奴隷船
Slave Ship
労働者 クレジットなし
氷上乱舞
Thin Ice
アメリカのレポーター クレジットなし
1938 天晴れ着陸
Happy Landing
新聞記者 クレジットなし
世紀の楽団
Alexander's Ragtime Band
写真家 クレジットなし
ジョゼット
Josette
Boatman
サブマリン爆撃隊
Submarine Patrol
哨兵 クレジットなし
1939 地獄への道
Jesse James
ギャングのメンバー
大平原
Union Pacific
ダラハイド
フロンティア・マーシャル
Frontier Marshal
プリングル
廿日鼠と人間
Of Mice and Men
レニー・スモール
1940 紀元前百万年
One Million B.C.
アクホバ
北西騎馬警官隊
North West Mounted Police
ショーティ
1941 電気人間
Man Made Monster
ダン・マコーミック
最後の無法者
Billy the Kid
スパイク・ハドソン
狼男
The Wolf Man
狼男
1942 フランケンシュタインの幽霊
The Ghost of Frankenstein
モンスター
ミイラの墓場
The Mummy's Tomb
ミイラ男
1943 フランケンシュタインと狼男
Frankenstein Meets the Wolf Man
狼男
夜の悪魔
Son of Dracula
ドラキュラ伯爵
1944 執念のミイラ
The Mummy's Ghost
ミイラ男
死人の眼
Dead Man's Eyes
デヴィッド・スチュアート
フランケンシュタインの館
House of Frankenstein
ラリー・タルボット
The Mummy's Curse ミイラ男
1945 The Frozen Ghost アレックス・グレゴール/グレゴリウス1世
拳銃兄弟
The Daltons Ride Again
グラット・ダルトン
ドラキュラとせむし女
House of Dracula
ローレンス・タルボット/狼男
1947 私の愛したブルネット
My Favorite Brunette
ウィリー
1948 死闘の銀山
Albuquerque
スティーヴ
凸凹フランケンシュタインの巻
Abbott and Costello Meet Frankenstein
ローレンス・タルボット
1950 南支那海
Captain China
レッド・リンチ
1951 勇者のみ
Only the Valiant
Trooper Kebussyan
地獄への待伏せ
The Bushwhackers
テイラー
激闘の大砂漠
Flame of Araby
Borka Barbarossa
1952 真昼の決闘
High Noon
マーティン・ハウ
スプリングフィールド銃
Springfield Rifle
ピーター・エルム
真紅の騎兵隊
Battles of Chief Pontiac
パンティアク
1953 七つの海の狼
Raiders of the Seven Seas
ペグ・レグ
1954 アマゾンの秘宝
Jivaro
ペフォロ・マルティネス
西部の掟
The Boy from Oklahoma
クレイジー・チャーリー
豪傑カサノヴァ
Casanova's Big Night
エモ
怒りの刃
Passion
カストロ
1955 真昼の脱獄
Big House, U.S.A.
アラモ・スミス
見知らぬ人でなく
Not as a Stranger
ジョブ・マーシュ
俺が犯人(ホシ)だ!
I Died a Thousand Times
ビッグ・マック
赤い砦
The Indian Fighter
コヴィントン
1956 悪魔の生体実験
The Black Sleep
モンロー博士
底抜け西部へ行く
Pardners
ホイッティー
戦う太鼓
Daniel Boone, Trail Blazer
ブラックフィッシュ
1958 手錠のまゝの脱獄
The Defiant Ones
ビッグ・サム
1959 恐怖のワニ人間
The Alligator People
マノン
1961 死神の使者
The Devil's Messenger
サタン
1963 怪談呪いの霊魂
The Haunted Palace
サイモン
1964 早射ちロジャース
Law of the Lawless
タイニー
1964 荒野の駅馬車
Stage to Thunder Rock
ヘンリー・パーカー
1965 西部の愚連隊
Young Fury
バーテンダー
黒い拍車
Black Spurs
ガス・カイル
勇者の街
Town Tamer
チャーリー
駅馬車の七人
Apache Uprising
チャーリー・ラッセル
1966 必殺のジョニー
Johnny Reno
ホッジス保安官
1967 悪霊の巣窟・狂死曲13番
Gallery of Horror
メンデル博士
1968 スパイダー・ベイビー
Spider Baby or, The Maddest Story Ever Told
ブルーノ
グローリーホールの決闘
Buckskin
タングリー
1971 男子禁制・女体秘密クラブ
The Female Bunch
モンティ
ドラキュラ対フランケンシュタイン
Dracula vs. Frankenstein
グロートン

参照[編集]

  1. ^ “Lon Chaney Jr., Actor, Is Dead at 67; Portrayed Monsters”. New York Times. (1973年7月14日). https://groups.google.com/forum/#!topic/alt.obituaries/_2aqCeMgwwk 2014年2月25日閲覧. "Lon Chaney Jr., the film actor, died yesterday at the age of 67. A long series of illnesses had put Mr. Chaney in and out of hospitals for the last year. He was released from a San Clemente ..." 

外部リンク[編集]